2006.8.10  和の匂い

酷暑が続く 昨日は我が町ではついに38度を超える暑さになり 日中など家の中まで熱風が襲う
田舎に来てよく汗をかくようになった 大半が冷房のない暮らしなので
汗腺の通りが良くなったのかも知れない
これは果たして体質の改善なのか 又は改悪なのか今は判断出来ない

朝は5時過ぎから草刈りなどの作業をするのだが 8時ともなると暑くて汗びっしょりである
この汗 そのまま乾くと臭い 加齢臭とも言えるが そうとも言い切れない
言えば味噌臭いのである 麹の匂いと言っても良い どぶろく酒の匂いにも近い
img
愛知県岡崎市 カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)

これは いわゆる 日本人・日本文化・醸造文化の匂いなのだと思われる

私は海外に行ったことはなく よくは知らないが 外国の空港に降立つと その国の匂いがするという
そういうことからすると 成田や関空では やはり味噌の匂いが醸し出されているのかも知れない
それが解るのは 海外から来た異国の人たちであろう
因みに味噌汁を口にすることに抵抗を感じる人たち
日本と違い 麹による醸造文化を持たない国の人たちである

バラの香りを発散する 飲用デオドラントの通販がラジオから流れる
これを飲むと体臭が 芳しいバラの薫りに変り
汗をかけば 汗が「バラの香水」のように変化するらしい

大分弁では「おじさん」のことを「おいさん」と言う
私は「バラの薫りのおいさん」にだけは なることを「吉し」とはしない
私は味噌くさい日本人でありたいと 思う