道について考える

先日村の集まりで「里道」の話が出た 調べてみると 里道には以下に記す驚きの規程があったことが判る
明治9年(1876)太政官布告で 道路はその重要度により国道・県道・里道にそれぞれ分類された
その際重要な里道のみを市町村道に指定したため 指定外の里道については 道路法適用外の国有地のまま
取り残された それは小さな路地や畦道 山道(旧街道の一部や獣道・杣道を含む)などである
以来永きにわたり 所有者は国で管理は市町村が行うことになっていた
しかし 行政効率化のため平成17年(2005)1月1日の時点で道路として機能している里道については
所有権が市町村に無償移譲された 驚きは 21世紀まで太政官布告が生きていたことである
しかし このようなことは、珍しいことでは無い まだまだ生き長らえた明治の亡霊が世の中をさまよっている

ここで話題にするのは 明治の忘れ去られた亡霊ではなく 里道の道幅である
最低規格の官道である里道の道幅は 2尺(約60cm)と規定されていたらしい
さらに 左右それぞれ2尺には 工作物を設置してはならないという規程がある
これは 荷駄による輸送を考えてのことで 人・馬・牛が単独で通る幅が2尺 馬または牛に掛ける荷を
それぞれ左右2尺としたため 合わせて1間幅である

ここに一枚の浮世絵 葛飾北斎作の冨嶽三十六景・武州千住の図がある
img
荷駄は 馬の鞍に荷を括り付け運び 馬を数珠繋ぎにすることもあった

江戸幕府は徳川家安泰の為に 道路には利便性を求めず 人馬の通行だけを考慮した設定をしていたと思われる
ドラマなどで 大八車に荷を積み峠を押して上がる場面が時々出るが まったくの「でたらめ」である
荷は全て荷駄で運ぶのが基本で 宿場毎に馬つなぎ場があり 常時多くの馬を準備させていた
これは律令制の古代より変わらず 宿駅の「駅」とは「うまや」のことである
大八車での輸送を考えれば 交換用の車軸や車輪の携帯輸送も必要となり不合理である
荷駄の場合は故障と言うことがまずないし 予備の馬匹をつれて行くのは容易なことである
また大八車は市中での輸送を担うもので 長距離の移動には全く適していない
また 道路自体が車による通行を想定したものでなく 加えて 大井川などには橋も架けず渡し船もなかった
これが 外様大名の兵力移動を防御し 農民の移動を禁じ 徳川家以外の交易を禁じて
第2第3の信長や秀吉の出現を拒むことが 安泰を望む徳川家・徳川幕府の方針であったといえる

ここで主要街道の幅員を想定してみる 山陽道の道幅は 2間半と定められていたことが現在判明している
隊列を組んだ荷駄が山中などで出くわしたときなど 馬は後退することが難しく 非常な混乱が生じ
通行に大きな支障をきたす そのため荷駄がすれ違うことが出来る道幅として
<1間×2+半間>としたのが 幅員2間半(約4.5m)の規程であった

街道を歩くと称して 多くの記事がアップされているが 自分が歩いた道を旧街道としてはいけない
また 多くの地図ソフトに街道名が記されているが これも旧街道の道筋とは限らない
まして 歩道橋の上部に大阪府などが設置する「熊野街道」等の標識など言語道断である
せいぜい名称として掲げるなら 「平成熊野ウォーキング道」であろう
現在に至っては 旧道を確定することは非常に困難であるが為 多くの推定記事が掲載されることになる
街道といえども 現在では田の畦道であったり 山裾の杣道や獣道と化している場合がある
原則的に江戸初中期までの街道は 人馬の為の街道であり 行き来するのは武士階級・商人・馬子たちで
女・子供の往来は考慮されていない 現在のような治水工事が及ばない河川は 度々氾濫するため
河川域を避け 山襞を縫うように街道は高い場所に付けられた また海浜も同じ理由により避けられた
現在時代劇に度々出てくる 河川の堤防上や砂浜を歩く姿は 市中を除きほぼ皆無であったと思われる
治山治水技術の発達は 江戸時代後期に漸く新道として結実していくが 河川海浜を避けることは変わらない

私の街道ルートは 上記の理由から甚だ偏見と独断に満ちている
先人の記事を参考としつつも どうしても納得のいかない部分は 鮮明な空撮写真を見て
家の並び・地面の区画・山の張り出し具合などを見ながら想像を巡らす
近世まで旅は困難を極め 行き倒れになることも多く 旅に出る者は水盃を交わし分かれを惜しんで
出立したと云われる 峠の上下には必ず地蔵があることから 旅人が命を落とす危険が存在していたことも判る
街道を管理する立場・旅する者達に 我が身を置き換えてみれば 自ずと道が見えてくる