撫養街道

南海道の道筋
古代律令制において定められた「南海道」は紀伊・淡路・阿波・讃岐・伊予・土佐の六国である
奈良朝時代の道筋は 平城京より上ッ道(上街道)を南下し五条を経由し 紀ノ川沿いを和歌山へと至る
平安朝時代には 上記の奈良(南都)経由の道の他 八幡から河内へ抜け紀見峠を越えて橋本に下る高野街道
また京より淀川を下り 摂津・和泉を通り雄ノ山峠を越えて山口へ下る熊野街道が加わり
近世には和泉から鍋谷峠越の父鬼街道 和泉佐野から犬鳴峠越の粉河街道 樽井から風吹峠越の根来街道
その他 深日・岬経由の孝子越街道 大川峠を越え加太に入る街道と幾筋もの道が出来た
五条を通る最古の街道は 奈良からは「紀州街道」・和歌山からは大和街道と呼ばれていた これらの街道の内
江戸期の元禄14年(1701)以降 参勤交代に使われたのは 和歌山城下−田井ノ瀬渡し−山口宿−山中宿−
鶴原(和泉佐野)−貝塚−岸和田城下−大津−高石−堺−安立(住之江)−住吉−天下茶屋−今宮−大阪城下の
繁華な町筋を通る街道で 幕府においては脇街道にも列せられることも無く 特に宿場を設ける事も無かった
この道は一部分熊野街道と重複している 熊野街道とは堺で分岐し 再度和泉佐野辺りで合流している
また大和街道(紀州街道)の名手宿から分岐し 北辺を通り加太手前の本脇浦で合流する街道を北淡路街道と呼ぶ
撫養街道
伊予国風土記逸文によれば 推古天皇4年(596)に厩戸皇子(聖徳太子)は百済の僧慧聡と共に 病気療養のため
道後温泉に滞在したことが記されている これをはじめとして景行天皇・仲哀天皇・神功皇后・舒明天皇・
斉明天皇(皇極天皇)・中大兄皇子(天智天皇)・大海人王子(天武天皇)など多くの皇族が行幸したとされる
当時より四国へ渡るには 加太の湊より船を出し 淡路の西岸由良へ渡り陸路を福良へ移動したと思われる
由良より南岸は 断崖絶壁の続く地であり 浦や浜は皆無と言って良いために陸路をとったのであろう
海路はそれぞれ 加太ー由良間は約12.5km 由良−撫養間は約13kmである
当時の漢字表記では「牟屋」と書かれており 現在の撫養町より内陸の木津付近に湊があったと伝わっている
当時吉野川河口には多くの砂州があり 中世期には川の堆積作用によって砂州が繋がりまた陸続きになって
現在の地形となった 砂州の上に出来たのが中世以降の撫養の町である 撫養は古代より阿波国の玄関港として
その役割を果たしてきた 江戸時代に入ると 蜂須賀家政により阿波の五街道が整備された 撫養街道も
その1つである 吉野川の北岸を通るため川北街道とも呼ばれ 江戸期には埋め立ても行われ 湊も木津から
現在の撫養町岡崎(または弁財天)に移されたと思われる 江戸時代中期以降は 岡崎に上陸し撫養街道を通り
一番札所の霊山寺に向かうお遍路さんが多くいて 街道筋は大変な賑わいであったと言われる
撫養街道は池田町の州津渡しで吉野川南岸の伊予街道に合流するまで 総距離 67.3kmの街道である
撫養街道の起点
現在の撫養街道の起点は 国道26号線と県道7号粉河加太線との交差点「狐島」となっている
しかし下の旧図では孝子越街道と淡嶋道の分岐は 現在の「土入」となり ここが起点となる
map
明治19年の和歌山測量図
1.淡嶋道 和歌山城下から加太淡嶋神社への参詣道で撫養街道とも呼ばれていた
2.孝子越街道 尾崎で紀州街道と分岐し和歌山に至る(現国道26号線のルート)
3.北淡路街道 大和街道の名手宿から分岐し 北辺を通り本脇浦で淡嶋道に合流する
4.大和街道(紀州街道)五条を通り奈良市内に至る
 TOP