豊後街道

豊後街道は 肥後熊本城の札の辻から 阿蘇・久住を経て 豊後鶴崎に至る全長約124km(31里)の街道である
map
豊後街道全体図 <拡大>
加藤清正が天正16年(1588)に初めて肥後国に入国した際に通った道とされ 後に清正によって拡張され
肥後国と豊後国との間の主要な街道となった 江戸時代は 豊後国内の宿場である久住・野津原
そして 港のある豊後鶴崎が熊本藩の飛び地となって 熊本藩主の参勤交代は 陸路・豊後街道で九州を横断し
鶴崎の港から海路・瀬戸内を通り大坂へ至って 再度 陸路・東海道を江戸に向かった
当時 この経路は 大坂・江戸への最短路であった 熊本から鶴崎まで4泊5日を要し
大津・内牧・久住・野津原の四ヶ所の 宿場が整備された 後に庶民の往来が盛んになると間の宿として
的石・坂梨・笹倉(宝暦4=1754年に廃止)・ 今市にも宿場が設けられた
文久4年(1864)に四ヶ国連合艦隊下関砲撃事件調停の幕命を受けた勝海舟・坂本龍馬ら一行は
江戸から陸路東海道を通り大阪からは瀬戸内航路を使い佐賀関に上陸した後
豊後街道を通って熊本経由で長崎へ向かった 勝海舟は「海舟日記」に この旅の詳細を記している
街道の熊本城下から大津宿を大津街道 大津宿から 二重峠を清正公道(せいしょこどう)とも呼ぶ
豊後大分側から見れば 肥後国へと向かう道から 肥後街道(ひごかいどう)とも呼ばれる
さらには豊後往還・肥後往還という名称も存在する
また肥後・豊後とも所々に石畳や杉並木などが残されているが 概して熊本県側は歴史的遺跡として保全が
進んではいるが 豊後大分側は公・民ともに関心が薄く一部を除き遺跡保全及び道標等の整備も進んでいない
これは江戸期において 宿場と港のある鶴崎が熊本藩の飛び地支配を承け 街道の経営は熊本藩が中心と
なっていたことや 肥後国が熊本・人吉の二藩で統治されていたことに比べ 豊後国は
8藩(中津藩10万石 〜森藩1万2千500石まで)と7領(天領10万4千石〜宇佐宮1千石まで)の15に小分化され
歴史ある大分府内藩も 松平家2万1千石と小藩に甘んじていたことが遠因と言われている