2020.10.20 山口県美祢市 秋吉台トレッキング・龍護峰(りゅうごほう)標高 425.5m

中国百名山の龍護峰は 日本一広いカルスト台地・秋吉台の西南部にあり 秋吉台の最高地点である
山頂では360度の展望が広がり 遠く九州大分の鶴見・由布岳を始め久住の山々も望める
秋吉台トレッキングマップを参考に 展望台駐車場から西の西山・御鉢山・龍護峰をめぐる
総距離・約7.5km 休憩含む所要時間・4時間 登山開始 10:05 終了時刻 14:10
img
秋吉台トレッキングマップ https://akiyoshidai-park.com/pdf/TREKKING1_A3_b_0522.pdf
img
1.円形展望台 2.妙見原 3.龍護峰分岐 4.西の西山 5.遊歩道合流 6.御鉢山 7.龍護峰
img
標高グラフ
imgimg
秋吉台展望台無料駐車場 10:05
緑地公園 左端奥の山が龍護峰
imgimg
バスの右手が登山口
「ながじゃくり」に向かって下降
img
img
img
ドリーネの「ながじゃくり」と西の西山 左の白い建物は「旧秋吉台グランドホテル」の廃墟
近くには「すだもふ山荘」の廃墟 今年の春には「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」が倒産
国の天然記念物としての国定公園内は 廃墟だらけとなってしまう どうする「ニッポン」
imgimg
妙見原へ登る 約1.5kmある周遊歩道
10:30 妙見原から展望台を振り返る
img
再び「鬼の穴」の縁に向かって下る その後は正面に見える西の西山に向かって急登路が控える
img
湧水とは青景にある黒岩湧水のことだと思われるが ここから谷間伝って約15km 無理〜
img
秋吉台のリンドウは背が高く秋芳町の町花でもあった 美祢市の市花は桜で至って普通である
img
「鬼の穴」縁へ下って再び登ってきた道
img
また下って 再び西の西山への上り道
imgimg
龍護峰分岐を直進して西の西山へ
11:10 山頂 三角点は200m先 道なし
img
山頂から北側 地獄台方向 連続するドリーネの谷
imgimg
誰かの忘れ物 サングラス
分岐に戻らず藪の中を御鉢山を目指す
img
西の西山よりやや高い標高400mのピークを目指す 左肩に見えるのが御鉢山
踏み跡は明瞭だが草が覆いかぶさり足元が見えない 慎重に進む
img
西の西山を振り返り 向こうに地獄台を見る
img
標高406mの御鉢山と425.5mの龍護峰 遊歩道と合流する20m手前で道を見失うが
すぐに踏み跡を発見 無事遊歩道に合流する
img
12:00 やっと標識もない合流地点に辿り着く このルートは楽しい なので 草は刈って!
img
観光協会指定のルート
img
センブリ(千振) 学名:Swertia japonica Makino
リンドウ科センブリ属の二年草 古来 薬草として利用され生薬名は当薬(とうやく)
和名である千振の由来は 味が非常に苦く千回振出して(煎じて)もまだ苦いということから
「千度振り出し」が語源とされる その由来通り最も苦い生薬として認知されている
別名・当薬は 味見をした人が「当(まさ)に薬である」と言ったという伝説から生まれたと伝わる
日本固有の生薬として ゲンノショウコ・ドクダミと共に 昔から胃腸用民間薬として使われた
秋に開花た全草を刈取り 天日乾燥したものが生薬となるが 漢方では使用されない
内用として 健胃・消化不良・腹痛・下痢・食欲不振 外用には抜け毛防止・発毛などの薬効がある
花期の全草には 天然の苦味配糖体が多く含まれ 中でもアマロスエリンは屈指の苦味物質で
苦味成分が味覚神経を刺激して唾液・胃液の分泌を促し また胃粘膜に直接作用し消化機能を高める
乾燥品は医薬品と見なされ 無許可販売は医薬品医療機器等法違反となるため 注意が必要
東京・埼玉・石川・山梨・香川・大分・宮崎・千葉の都県などではレッドリストの指定を受けている
img
御鉢山から西の西山方向を振り返る
img
12:10 御鉢山々頂 標高406mの丘 昼食休憩
img
龍護峰を目指す
imgimg
12:40 龍護峰 標高425.5m 秋吉台最高地点
img
住友大阪セメント秋芳鉱山
img
12:55 下山開始
img
img
御鉢山
img
img
西の西山を遠望 背後は地獄台
img
ナデシコ(撫子)
img
ムラサキセンブリ(紫千振) Swertia pseudochinensis
リンドウ科に属す2年生の植物 センブリに酷似して紫色の花を着けることに由来する
関東以西から四国・九州・朝鮮半島・中国東北部からアムールに分布が広がる
根に苦みがあり センブリの代用にされることがあるが 日本薬局方からは除かれている
そもそも 一般にセンブリ以上に稀少であるため代用に値しないとされるが
秋吉台ではセンブリより多く見かけ もしかすればセンブリは採取されているのかも知れない
環境省では準絶滅危惧種に指定されており 東京・埼玉・奈良の都県では絶滅したと判断された
img
御鉢山を見上げる
img
ヒメヒゴタイ(姫平江帯) 学名:Saussurea pulchella キク科トウヒレン属の二年草
和名は 同様に密集花が円形に咲くヒゴタイに比べて小型であることから由来するが
本種とヒゴタイは 姿も形も似て非なるもので ヒゴタイは別にヒゴタイ属を形成している
花期は8から10月で 直径1cmほどの球形に密集して咲く 北海道から九州に至る広い地域に分布し
山地草原や海岸草原の日当たりのよい草地などに生育する 国外では
朝鮮半島 中国大陸の東北・中部モンゴル・サハリン・ロシア沿海など北部ユーラシアに分布する
学名にある<pulchella> は「美しい」「愛らしい」の意味を持つ 環境省の絶滅危惧U類に指定
img
13:35 西の西山との分岐三差路に戻る
img
鬼の穴と「旧秋吉台グランドホテル」の廃墟 右上に御鉢山
img
13:55 妙見原 御鉢山・西の西山
img
img
「ながじゃくり」の縁から 龍護峰・御鉢山・西の西山
imgimg
今日は一日中快晴でした
14:10 駐車場到着
 TOP