耶馬渓鉄道の歴史

耶馬渓鉄道は大分県中津市の中津駅から守実温泉駅に至る 36.1kmの鉄道路線であった 地元では「耶鉄」と称され
大正2年(1913)に開業しのちに大分交通の鉄路となる 大正13年(1924)の全線開通時を経て 軌間762mmの
ナローゲージで軽便鉄道として出発 機関車はドイツ製コッペルBタンク3両から始まり国産汽車会社製まで
10の車両番号を数える その後昭和4年(1929)全線の軌間を国鉄標準軌道(狭軌)1067mmに改軌するが
開業から廃止となるまで全線単線運行された 山国川に沿って延びるこの鉄道は 沿線に青の洞門 羅漢寺
守実温泉などの観光地を控え 観光鉄道としてまた地元民の日常生活に欠かせない交通機関として利用されてきたが
1970年代に入り沿線の過疎化と道路整備の拡充に伴うモータリゼーションの波及による財務状況の悪化を招き
バス転換の方針が打ち出され昭和50年(1975)ついに全線廃止となる
途中駅は下記の通りである
中津駅−八幡前駅−大貞公園駅−上ノ原駅−諫山駅−真坂駅−野路駅−洞門駅−羅漢寺駅−冠石野(かぶしの)駅
−耶馬渓平田駅−津民駅−耶鉄柿坂駅−下郷駅−江渕駅−中摩駅−白地駅−宇曽駅−守実温泉駅

東九州鉄道路線の伸延
明治23年(1890)
豊州鉄道(初代)開設 本社:京都郡行橋町  11月
明治28年(1895)
九州鉄道が小倉 - 行事間を開業 城野・刈田・行事の各駅を新設 4月1日
明治28年(1895)
豊州鉄道 行橋−伊田開業 8月15日
明治28年(1895)
九州・豊州鉄道 各々50%を負担 行事−行橋間に線路を敷設し 行事駅を廃止する 8月25日
明治28年(1895)
九州鉄道 曽根駅を新設 10月25日
明治30年(1897)
豊州鉄道 行橋−長洲(柳ヶ浦)開業 中津駅開業 9月25日
明治34年(1901)
豊州鉄道を九州鉄道(初代)が買収 9月3日
明治37年(1904)
中津駅移設 10月25日
明治40年(1907)
九州鉄道国有化 7月1日

軽便耶馬渓鉄道線の開業
明治45年(1912)
耶馬渓鉄道株式会社設立 資本金65万円 創設事務所を中津役場内に置く
大正02年(1913)
中津 - 樋田(洞門)・開業 12月26日 軌間762mm
大正03年(1914)
樋田 - 柿坂・開業 12月11日
大正09年(1920)
諫山駅・開業 12月16日
大正13年(1924)
柿坂 - 守実・開業 全通 6月16日

官営鉄道側の直通乗入れ要請を受け1067mmに改軌 工事費用は耶馬渓鉄道が負担する
昭和04年(1929)
全線の軌間を762mmから1067mmに改軌 8月24日
昭和19年(1944)
大貞公園駅移転 同駅から分岐する神戸製鋼所中津工場への引き込み線運用開始 3月1日
昭和19年(1944)
中津−大貞公園間の古城駅廃止 同駅間に八幡前駅開業 10月25日
昭和20年(1945)
大分交通発足 大分交通耶馬渓線となる 4月20日
(別府大分電鉄・国東鉄道・耶馬渓鉄道・宇佐参宮鉄道・豊州鉄道・別杵自動車が合併)
昭和36年(1961)
江渕駅開業 2月15日
昭和41年(1966)
中津鋼板(元:神戸製鋼所中津工場)が工場閉鎖、同時に引き込み線の使用休止 4月
昭和46年(1971)
野路−守実温泉間(25.7km)が廃止 10月1日
昭和50年(1975)
中津−野路間 (10.4km)が廃止 10月1日
昭和57年(1982)
県道臼木沖代線−山国町守実間・約35kmが一般県道中津山国自転車道として整備

一般県道中津山国自転車道は「メイプルサイクルライン」と呼ばれ中津市街から本耶馬渓洞門を経て山国町守実温泉まで
サイクリングロード100選で日本一に認定された 全長36キロにも及ぶ景色の美しいコースである
大貞公園駅〜野路駅手前までは県道の東側の歩道部分(サイクリングロード)が耶鉄跡である
野路駅手前には国道を越えていた鉄橋がサイクリングロードとして現存しており さらに野路駅跡はホームが残り
また付近の踏切跡の道路にも「踏切あり」の道路標識が残されている 野路駅からの線路跡は本格的に
サイクリングロードとして転用されている 橋梁やトンネルがそのままサイクリングロードとして
使用され列車に乗って通過するような感覚を味わえる
 TOP   Next>