2011.10.09  肥薩線 大畑(オコバ)駅

明治42年(1909)12月26日開業 日本で唯一ループ線の中にスイッチバックを併せ持つ駅
真幸駅同様 通過不可能なスイッチ・バック構造で かつて運転されていた特急・急行列車も必ず停車する駅であった
木造駅舎は開業当時のもので 当駅のみ観光列車「いさぶろう・しんぺい号」の運行にあわせ 窓枠を木造に戻すなど
開業当初の雰囲気を再現する改装が行われた
人吉駅から10.4km 25‰の連続した勾配を 蒸気機関車は区間平均時速20kmで0.5時間かけて登ってくる
最大出力時には毎分250リットルの水をボイラーに送り続け 人吉−大畑間で約1トンの石炭を消費した
そのため大畑駅は待避線・信号所・給水所としての役割を重視して建設されたため 現在も駅の周りには人家がなく
大畑の集落中心へ出るには徒歩で1時間近くかかる この駅で給水をするあいだ 駅ホームに乗客・機関士が
トンネルの連続で汚れた顔や手を洗うための朝顔型の洗面湧水場が設けられた 当駅で機関士共々休息した
蒸気機関車は 眼前に迫るさらに険しい矢岳駅へ至る30.3‰もの急勾配に挑まなくてはならないのである
このようにスイッチ・バックを併せ持つのは 勾配途中においての補給基地的要素が強く
あえてループ線途中に平坦な場所を設け そこに停車場を建設するためであった
石造りの給水塔・朝顔型噴水は 南九州近代化産業遺産群の物資輸送関連遺産の1つとして選ばれている
okoba-map
img02
img03
img04
img01img06
img07
img08
img09img13
img15
<Prev    TOP   Next>