関西鉄道大仏線 (かんせいてつどう だいぶつせん) 通称大仏鉄道

大仏鉄道ってなに?
現在JR関西本線の前身である私鉄・関西鉄道(株)が名古屋方面から大阪への進展をめざして延長を急ぎ
「加茂駅」から現在の奈良駅の北1.1kmの所に仮設的に作った大仏駅(奈良市佐保)間を結ぶ約8.8kmと
その2年後に開通した奈良駅までの路線の通称で「大仏駅」の開業は明治31年(1898)4月19日でした
「加茂駅−大仏駅」が開通し 赤いイギリス製の蒸気機関車が伊勢や名古屋方面からの大仏参拝客を乗せて
にぎわったと当時の新聞が報道しています 1899年5月21日には奈良駅への延長を果たし脚光を浴びた花形路線も
難所であった急坂の黒髪山トンネル越えを避け 新たに「加茂−木津」問の平坦路線(注1)ができると
奈良を経由することなく直接大阪方面へと向かうことが可能となって 大仏線の旅客が減少し
1907年・鉄道の国有化法により 遂に同年8月20日に廃止され運用期間10年という短い生涯を閉じました(注2)
当時の資料が乏しい「大仏線」ですが 加茂.木津.奈良に点在する数少ない遺構を大切に保存し次代に残したいものです
加茂駅掲示の加茂町史より(一部編集)
(注1)加茂−新木津の開通は明治31年で大仏駅開業と同年
(注2)大仏線廃止及び木津附近経路変更は明治40年 同年の国有化直前であり国有化が大仏線廃止の要因ではない

大仏線は明治31年(1898)に部分開業し 明治40年(1907)に廃止廃線となった短命路線である
そのため幻の鉄道と呼ばれ 鉄道ファンの「思い入れ」の強い鉄道である
故に大仏線に隠れ 本体の「関西鉄道株式会社」の長大な路線について語られることは少ない
大仏線という扉を開ければ「関西鉄道の数奇な運命」と戦後の高度成長期以降まで
故意に発展を妨げられた「南近畿の国鉄・JR路線の歴史」が見えてくる
関西鉄道・形式30「電光」
関西鉄道 形式30「電光」英国ダブス社製 鉄道院形式:7850形
鹿背山・黒髪山越の勾配25‰(25/1000)に投入されたといわれる機関車 「秀麗な英国貴婦人」
Next>