2014.11.12  瀬戸田町・耕三寺博物館

Link:耕三寺博物館 オフィシャルページ
浄土真宗本願寺派 潮声山 耕三寺  所在地:広島県尾道市瀬戸田553-2(生口島)
大正−昭和期の実業家の金本耕三(出生名・福松)が開山した寺院 神戸生まれの金本は幼少期を生口島で過ごした
父の死後は福岡県の直方など各地で奉公を重ね 大阪でフランス人技師のセギーという人物から
酸素熔接の技術を学び 大正10年(1921)直方に日本スチール管株式会社を設立した 社は軍需工場に指定され
技術者から一躍実業家へと成長する 昭和2年(1927)故郷瀬戸田に住む母のために「潮声閣」を建築
母の死没後 昭和10年(1935)出家して浄土真宗の僧侶となり 名を「耕三」に改め耕三寺建立を開始した
境内に有名な寺院の模擬建造物を建てる計画を持ち 以来30余年をかけて日光東照宮陽明門を模した孝養門や
平等院鳳凰堂を模した本堂などをはじめとした伽藍が完成した 陽明門を模した孝養門から「西の日光」と呼ばれ
瀬戸内海の観光地となっている 現在 山門・本堂をはじめ15の建造物が国の登録有形文化財として登録されている
また 仏像・書画・茶道具などの美術品・文化財を多数所蔵し 寺全体が博物館法による博物館となっている
img
耕三寺の原点「潮声閣」
img
山門(模擬:京都御所紫宸殿)登録有形文化財  中門(模擬:法隆寺楼門)登録有形文化財
羅漢堂は回廊状の建物 登録有形文化財
img
孝養門(模擬:日光東照宮陽明門)第二次大戦後に完成のため登録有形文化財の登録対象外
img
img
半世紀以上の時間で塗装の痛みが激しい
imgimg
img

未来心の丘 イタリア産大理石を用いた芸術構造物 彫刻家杭谷一東の作
imgimg
imgimg
未来からの炎
光明の塔 西に沈む太陽に合掌
img
カフェ・クオーレ<Caffe Cuore> Cuore=イタリア・アミーチスの児童小説 和訳「母をたずねて」
img

潮声閣
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
<中国の旅・INDEX>  TOP