天理の歴史と軽便鉄道


天理教
周辺地域の市として栄えた丹波市に天理教が起こったのは徳川幕府瓦解前30年の天保9年(1838)である
その後大字三島地区には教会の本部「お地場」が設けられて急速に発展し 人口は江戸期から明治中期までは
一寒村として500人にも満たなかったのが おおよそ大正初期には2千数百人となり
信者の拡大と共に宗教都市へと変貌していく

天理市誕生
天理市は昭和29年(1954)4月1日 山辺郡丹波市町・二階堂村・朝和村・福住村・添上郡櫟本(いちのもと)町
磯城郡柳本町の三町三村の合併により誕生した都市である 新しい市名は天理教の本部が丹波市町にあったことに
ちなんで「天理市」が選ばれたが 天理教団は山辺郡の郡名である「山辺市」を推薦したという
この市名が決まる39年前 丹波市町に「天理駅」を開業した鉄道が「天理軽便鉄道」である

天理軽便鉄道
この鉄道は天理教本部を「ぢばがえり」と称し参拝する人々を 官営鉄道関西本線「法隆寺駅」から奈良駅を経由せずに
直接天理に運ぶために計画された鉄道である 丹波市町に開業した駅名は「天理駅」と称し駅名は現在もそのまま
引き継がれ残る 大正4年(1915)1月13日に 全線5哩(マイル)48鎖(チェーン)<換算値約9.0km>
軌間762mmの単線が完成 資本金25万円で開業し ドイツ・コッペル社製蒸気機関車3両と客車10両を有し
客車を2〜3両を牽引して通常は13往復 天理教大祭など繁忙期は15往復した 速度は時速17kmと極めておそく
全線を34分で走行した 停留所は開業時 新法隆寺−額田部(ぬかたべ)−二階堂−前栽(せんざい)−天理の5駅で
その後「安堵(あんど)駅」を開業し6駅となる 新法隆寺の始発が朝遅く07時03分 天理の最終到着が深夜に近い
23時47分と天理教信者の利便性を考慮したダイヤとなっている しかし当初から利用旅客数が計画より少なく
法隆寺を観光して天理へと向かう客が 復路は天理から観光のため奈良まで桜井線を利用し 奈良から関西線を
利用して帰る客が多かったため 片道利用が多く経営が困難であった 一方 大正3年(1914)には上本町−奈良間を
大阪電気軌道株式会社(近畿日本鉄道の前身)の電気鉄道が開業し その後同社が大正6年(1917)に
西大寺−橿原神宮前間に畝傍線建設許可を出願した事により 零細軽便鉄道の運命は暗転することとなる
畝傍線建設許可自体が この路線が完成する事で天理軽便鉄道の経営が行き詰まるであろうと言う前提に立っていて
大阪電気軌道が天理軽便鉄道を買収する事を条件に許可された条件付きの政府認可であった
大正9(1920)12月 大阪電気軌道に全線譲渡し 5年10カ月の短い歴史にピリオドを打つ

大軌天理線
大阪電気軌道は天理軽便線を買収することにより 大阪上本町から天理まで直通電車を運行する事を考えた そのため
畝傍線平端駅で交差する軽便線の軌間を 1435mmの広軌道に拡げると同時に電化して平端−天理を天理線とし
平端以西を法隆寺線とし 軽便線のまま分離した 平端−天理間は大正11年(1922)在来の
軽便軌間の列車を運行しながら 軌間拡張と電化工事をすすめ同年3月31日完工し 翌4月1日より畝傍線
郡山−平端間開業と同時に運行をはじめた 待望の上本町−天理間の直通電車が走ることとなり
20分間隔平均速度44kmという 時速17kmの軽便時代と全く異なる近代的な鉄道として生まれ変わったのである

残された軽便
分離された軽便鉄道は新に乗換えのために平端駅を新設し 平端−法隆寺間を大軌法隆寺線として762mm軌間のまま
運行を続けたが 天理線電化後急激に旅客数が減少し蒸気機関と客車の連結による列車編成を止め ガソリンカーを
導入して合理化を計った 法隆寺駅にあった機関庫その他の設備が不要になり駅を移設し路線を短縮して駅名を
大軌法隆寺とした 買収直後は平端−法隆寺間を13往復 蒸気列車で1両または2両で運転していたが 昭和3年から
日本車両製30人乗り半鋼製の軌道自動車(ガソリンカー)2両を導入 以後これがこの軽便線の主役となる

終焉
一日に25復もして地域の利便性に根ざした鉄道も 昭和12年(1932)の日中戦争以降ガソリン統制が厳しく
運行ダイヤも半減以下の時代が続き 太平洋戦争に突入した頃から更に運転回数が減少し ついに昭和19年末には
定期便は朝と夜の3往復のみで昼間は不定期のような形になってしまった ガソリンカーも木炭車となり
故障続きと燃料不足で何時動くか分からないといった状況になっていた
さらに太平洋戦争直前の昭和16年(1941)8月30日に 武器生産に必要な金属資源の不足を補うことを目的に
公布された 勅令第835号・金属類回収令(鉄材供出)のため 昭和20年(1945)不要不急線の指定を受け
大和鉄道の田原本−桜井間と共に平端−法隆寺間も 政府の命令により線路を撤去され終戦半年前の
同年2月11日ついに運転休止となった 戦争によるガソリン統制で運行困難となり 戦争により鉄路を
奪われてしまった地方弱小鉄道の運命であった 戦後も二度と復活することはなく昭和27年(1952)4月1日に
営業認可を返上し正式に路線廃止となった
線路跡は 安堵町西安堵の木戸池の堤防の一部と斑鳩町阿波にそれぞれわずかに残されている
 TOP   Next>