(旧)国鉄・松浦線

● 起点:佐世保線有田駅 終点駅:佐世保駅 総延長距離:93.8km 駅数:32(起終点駅含む)
● 駅名:有田−蔵宿−大木−夫婦石−金武−伊万里−東山代−楠久−久原−浦ノ崎−今福−調川−松浦−
     肥前御厨−田平−平戸口−江迎−潜竜−肥前吉井−神田−上佐々−佐々−小浦−真申−相浦―
     上相浦−中里−皆瀬−左石−北佐世保−中佐世保−佐世保

歴史
松浦線は 陶磁器輸送のため明治31年に開通した 有田から伊万里へ至る伊万里鉄道と 石炭輸送のため
大正時代に佐世保−相浦間を開通させた佐世保軽便鉄道を母体としている 伊万里鉄道は九州鉄道への合併を経て
明治40年 鉄道国有法により国有化 佐世保軽便鉄道は後に佐世保鉄道へと社名を変更し 昭和11年に
支線を含め全線買収国有化された 国有化後は 伊万里−肥前吉井間を伊万里線として延伸 佐世保肥前吉井間は
松浦線となり改軌工事が行われ 昭和19年に佐世保−松浦−伊万里−有田が全通した
昭和63年に第三セクターの松浦鉄道に転換され 松浦鉄道西九州線となった

● 伊万里鉄道
明治31年(1898)08月
有田−伊万里駅間を開業 蔵宿・夫婦石・伊万里駅を開業 12月 九州鉄道に吸収合併
明治40年(1907)07月
鉄道国有法により九州鉄道を買収・国有化 官営鉄道となる
明治42年(1909)10月
路線名称制定にともない 有田−伊万駅里間を伊万里線とする
昭和05年(1930)03月
伊万里−楠久駅間を延伸開業 東山代・楠久駅を開業
昭和05年(1930)10月
楠久−今福駅間を延伸開業 久原・浦ノ崎・今福駅を開業
昭和08年(1933)06月
今福−志佐間を延伸開業 調川・志佐駅を開業
昭和10年(1935)08月
志佐−平戸口駅間を延伸開業 肥前御厨・田平・平戸口駅を開業
昭和14年(1939)01月
平戸口−潜竜駅間を延伸開業、江迎・潜竜駅を開業
昭和19年(1944)04月
潜竜−肥前吉井駅間を延伸開業 肥前吉井駅に接続

●佐世保軽便鉄道
大正09年(1920)03月
相浦−大野−柚木間を開業 大野駅・皆瀬駅・中里駅・山口停留場・相浦駅を開業
大正10年(1921)10月
上佐世保−大野間を延伸 上佐世保駅・山ノ田停留場・泉福寺停留場を開業
大正11年(1922)06月
山口停留場を上相浦停留場に改称
大正12年(1923)12月
佐世保軽便鉄道を佐世保鉄道に社名変更
昭和04年(1929)04月
大野駅を左石駅に改称
昭和06年(1931)08月
実盛谷−四ツ指−臼ノ浦間を延伸開業 実盛谷駅・真申停留場・小浦駅・四ツ指駅・黒石停留場・大悲観停留場・臼ノ浦駅を開業 12月 四ツ指−佐々間を延伸開業 佐々駅を開業
昭和08年(1933)10月
佐々−吉井−世知原間を延伸開業(岡本彦馬専用鉄道を買収)吉井・世知原貨物駅を開業
昭和09年(1934)02月
佐々−吉井−世知原駅間の旅客営業開始、野寄停留場・神田停留場・祝橋停留場を開業
4月 吉井駅を肥前吉井駅に改称 9月 24日猪立山信号所を開業
昭和10年(1935)02月
猪立山信号所を貨物駅の猪立山駅に変更
昭和11年(1936)10月
佐世保鉄道全線を買収・国有化 上佐世保−世知原間 左石−柚木間 実盛谷−相浦間 四ツ井樋−臼ノ浦間を松浦線とする 中里駅を肥前中里駅に 四ツ指駅を四ツ井樋駅に 神田駅を肥前神田駅にそれぞれ改称 猪立山駅を猪立山信号場に変更

●佐世保鉄道の国有化後は 他線に直通可能なように762mmから1067mm軌間への改軌が実施された
 同時に佐世保線との接続 相浦付近の経路変更 臼ノ浦支線の分岐駅変更などの改良が行われている

国鉄・松浦線
昭和10年(1935)11月
佐世保線の佐世保−北佐世保駅間を延伸開業 北佐世保駅を開業
昭和18年(1943)08月
上佐世保−左石駅間を廃止 上佐世保・山ノ田・泉福寺駅廃止 実盛谷−相浦間を廃止
北佐世保−左石間 肥前中里−相浦間の新線開業 佐世保線の佐世保−北佐世保間を編入
昭和19年(1944)04月
臼ノ浦方面への分岐を四ツ井樋駅から佐々駅に変更 猪立山信号場を廃止
昭和20年(1945)03月
肥前中里−実盛谷−小浦−四ツ井樋−佐々間の旧線を廃止・実盛谷・真申・小浦・四ツ井樋駅を廃止●相浦−小浦−佐々の新線を開業 小浦(新)・真申(新)駅を開業●肥前吉井−世知原間を世知原線 佐々−臼ノ浦間を臼ノ浦線 左石−柚木間を柚木線として分離●松浦線は有田−伊万里−佐世保駅間とする
昭和34年(1959)01月
上佐々駅を開業 10月 志佐駅を松浦駅に改称
昭和35年(1960)04月
大木駅を開業 5月 金武駅を開業
昭和36年(1961)07月
中佐世保駅を開業
昭和59年(1984)06月
第2次特定地方交通線として廃止承認される
昭和62年(1987)03月
第三セクター鉄道への転換が決定する

● (旧)松浦線の古い木造駅舎