2016.07.06  梅雨の晴れ間に 熊本県小国町から久住高原へ

旧国鉄宮原線線路跡の散歩道
旧国鉄宮原(みやのはる)線は 大分県九重町の恵良駅から熊本県小国町の肥後小国駅間(26.6km)を結ぶ
ローカル線であった 大正11年(1922)に公布された「鉄道敷設法」の別表第113号に規定する予定線の
一部として開通した路線で 規定内容は「佐賀県佐賀から福岡県瀬高・熊本県菊池を経て熊本県大津に至る
鉄道と 菊池より分岐し大分県玖珠郡森に至る鉄道」という壮大な計画であった
昭和10年(1935)6月に恵良−宝泉寺駅間(7.3km)の工事に着手し 昭和12年(1937)に同区間が開通したが
昭和18年(1943)戦時不要不急路線として休止 金属回収のためレールが供出された
昭和23年(1948)に営業を再開 昭和29年(1954)宝泉寺−肥後小国駅間を延伸開業した
昭和55年(1980)に制定された「国鉄再建法」第1次特定地方交通線に指定され 昭和59年(1984)に
九州管内で初の全線廃止路線となった 恵良−宝泉寺駅間開通から47年 全線開通からはわずか30年であった
肥後小国−菊池間の小国線(37.8km)は 昭和39年(1964)年に工事着手したが わずか2%の進捗度で
肥後小国駅から先に橋梁とトンネルが未成線として残されている
宮原線の建設は戦時体制の中で行われたため すべての橋梁が「竹筋コンクリート」で築造され
取り壊された玖珠川橋梁を除く 広平・菅迫・堀田・汐井川・堂山・北里・幸野川の橋梁は
登録有形文化財に指定されている なお 線名の宮原は 肥後小国駅のあった小国町の大字名である
現在 小国町の「道の駅小国」から北里駅跡公園までの4.1kmが遊歩道として公開されている
この道は マウンテンバイクのコースとして整備されたもので 舗装のないダートコースである
旧北里駅から先は未整備で 橋梁に手摺などの設置はあるが非公開で通行困難である
小国町公式サイトhttp://www.geocities.jp/mae_miyazaki/walk/course/miyahara_yuuhodou/Top.html

今日の最高気温は34度の予想なので 散策は涼しいうちにと早朝に自宅を出た 道の駅小国に午前6時30分到着
出発は6時35分 全コース非舗装路のため 前々日まで降っていた雨のせいか または 夜露のせいか
足元が濡れる 北里に午前8時少し前に到着したが 小休止後すぐに帰路につく 写真を撮りつつ歩いたので
道の駅小国に到着したのは午前9時15分で 往復で2時間45分もかかってしまった
ウォーキングシューズの中まで水が滲みて気持ちが悪い 「ダイレックス」で新しい靴下を買う
img
昭和51年(1976)の肥後小国駅(矢印) 国土地理院
imgimg
駅跡に出来た「道の駅小国」は昭和60年(1985)開駅
駅跡に残された線路のポイント部分
imgimg
廃線当時の駅名標 AM 6:35
遊歩道入口 AM 6:40
imgimg
遊歩道案内板
遊歩道から見る駅跡は下に見える
imgimg
夜露で足元が濡れる
宮原トンネル
imgimg
 歩行者用の照明スイッチ(出口で必ず消すこと)
カーブするトンネル
img
宮原トンネル出口 AM 6:53
imgimg
トンネル内の待避所
トンネル表示 宮原 240M
imgimg
幸野川周回コース案内板
朝の光
imgimg
杉造林地の中
緑のトンネル
imgimg
幸野川橋梁 AM 7:15
imgimg
残された距離標(キロポスト)
モミジの並木は まだまだ小さい
imgimg
北里トンネル(手ブレしてる)
北里トンネル 小国側
imgimg
トンネル内部
北里側の遊歩道入口 AM 7:40
imgimg
木魂館北側の遊歩道
北里橋梁
img img
北里橋梁
imgimg
北里駅乗車ホーム AM 7:53
新調の駅名標 残念ながら書体が違いすぎる
img
昭和51年(1976)の北里駅(矢印) 国土地理院
imgimg
連絡通路口
地下連絡通路階段
imgimg
地下連絡通路
駅前広場跡

瀬の本高原から長者原へ
img
国道442号線の展望所から瀬の本高原と阿蘇五岳涅槃像

久住長者原高原 タデ原湿原
タデ原湿原は くじゅう連山の北側(標高約1000m付近)に位置し 火山地形の扇状地にできた湿原です
山岳地域に形成された中間湿原では 国内最大級の面積を持つことなどから
国際的にも重要な湿地であると認められ 平成17年(2005)11月に坊ガツル湿原とともに
「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約に登録されました 多様な地質と地形を反映した
植生分布(ヨシやヌマガヤ・ススキなどを優占種とし・ノリウツギ低木林・クロマツ群落など)が見られ
我が国を代表する湿地タイプとなっています タデ原にはツクシフウロ・シムラニンジン・オオミズゴケ等の
希少な植物の生育が確認されています タデ原湿原と周辺の森林内には自然研究路が設置され
誰でも自由に散策することができます なお タデ原湿原の木道は バリアフリー設計になっております
環境省 阿蘇くじゅう国立公園 長者原ビジターセンター
imgimg
ヒゴタイの蕾
ヒメジョオン
imgimg
サワオグルマ
クサレダマ
imgimg
オカトラノオ
ノハナショウブ
imgimg
キスゲ
カキラン
img imgimg
サワオグルマ
ナツツバキ(夏椿・沙羅の木)
imgimg
コシアブラ
大きなキノコ キノコの名前は??難しい
imgimg
木道とスギゴケ
自然探索道は鉱山道路に出る

久住高原を後に帰途につく 途中昼寝をして涼み 再び旧国鉄宮原線の橋梁を見て帰る
img img
幸野川橋梁
img
堂山橋梁
img
塩井川橋梁
img
北里の「ホタルの里温泉」 300円 AM 8:00〜PM 9:00
 TOP