2018.03.26-27  宮崎桜紀行

宮崎県都城市横市町 母智丘(もちお)公園の桜
 平成2年(1990)「日本さくらの会」が全国の「桜の名所100ヶ所」を選定 その「日本さくら名所100選」に
宮崎県内で唯一選ばれた 母智丘の桜は 明治2年(1869)母智丘神社を建立した当時の薩摩藩都城地頭の
三島通庸による植栽が始まりで 昭和2年(1927)江夏芳太郎による桜一千本などの寄進があり現在に至る
母智丘神社参道の ソメイヨシノ・ヤエザクラ・ヤマザクラなどが約2600本あり 約2kmの桜並木はさながら
桜のトンネルのようになって南九州随一の桜の名所となった
また 290段の石段を上った丘の頂上にある母智丘神社から見下ろす桜並木は格別である
3月26日 夕刻から日暮れまで
駐車場係の婦人に聞けば 「ライトアップは5時半ぐらいから」とのことなので少し散歩しながら待つことに
img
午後5時05分 まだ日は沈まず
img
img
img
桜の上に月
img
img
img
img
img
午後5時25分 だいぶん日が傾いてきた
img
母智丘公園に移って 午後5時40分
img
母智丘公園
img
img
露店は閉まったまま 夜桜はあるのか?
img
午後5時50分「ライトアップが始まらない!」 月曜日だから?
それとも「もちお桜まつり」(3月30日〜4月8日)前で準備が出来ていないから? 電気が来ていない?
桜はすでに満開を過ぎようとしているにもかかわらず? 予定は変えられない? スイッチを入れられない?
img
img
ついに午後7時を過ぎた 暗い桜並木に次から次へと人が訪れるが 正真正銘!夜桜になってしまった
ライトアップは諦めて「道の駅たからべ」に移動する 明日は早朝から母智丘神社と山の上へ
3月27日 母智丘神社・多目的広場・くまそ広場
img
東側日南市方向 鰐塚山地 午前9時20分
img
同所 午前7時10分 今朝は日の出が見られそうにないので「くまそ広場」へ移動
img
母智丘神社 祭神: 豐受毘賣神(トヨウケビメ=豊受姫大神) 大歳大神(オオトシノオオカミ)
img
神社駐車場の桜 下の写真はパノラマ

母智丘公園 くまそ広場
一番上にある広場で 遊具があるので日曜日には子どもたちでいっぱいらしい
img
午前8時20分 早朝なので誰もいません 展望台は「ビュー手フル展望台」 ここは昨年の8月に来た
img
img
img
img
img
img
img

母智丘公園 多目的広場
都城母智丘カントリークラブに隣接する グランドのある公園 開場は午前9時からで駐車場は閉まっていた
駐車場の桜が満開から散り初めを迎え美しい
img
img
img
img
散り初め 花芯が目立ち全体がピンク色に
img
img

グランドの奥にも「桜の園」が続く
img
img
img
img
img
img
img
午前9時を過ぎた 天気予報は晴れだが霧か雲か青空が見えない
次の目的地は 観音池公園へ約18km
<歳時記・INDEX>  TOP  <桜紀行・NEXT>