雲仙鉄道の歴史

雲仙鉄道は 嘗て長崎県南高来郡愛野村と同県南高来郡小浜町を結ぶ 路線距離17.34kmの鉄道路線であった
軌間は国鉄と同じ1067mmで軽便鉄道法により敷設された 廃止当時の停車場とキロ程は下記の通り
愛野村駅−<1.7km>−愛津駅−<2.1km>−水晶観音駅−<1.1km>−濱駅−<4.4km>−千々石駅
−<1.2km>−上千々石駅−<2.4km>−木津ノ浜駅−<2.4km>−富津駅−<2.0km>−雲仙小濱駅

江戸中期以降発展した島原半島随一の町であった島原湊と 明治31年(1898)に開業した九州鉄道長崎線の
諫早駅とを結ぶ鉄道計画が持ち上がり 明治41年(1908)5月に島原鉄道株式会社が設立された
明治44年(1911)6月に 本諫早−愛野村(現・愛野)駅間が開業し
鉄道院から150形蒸気機関車(1号機関車)を譲り受け運行を開始した
この鉄道敷設の熱気は南高来郡全域に伝播し 愛野村−小浜間及び島原湊−加津佐間の延伸を期待して
島原鉄道の株式購入という形で各地々元有志が資本参加したが 島原鉄道では 大正2年(1913)9月の
諫早−島原湊駅(現・南島原)間の全線開通後も 島原−加津佐間・愛野−小浜間の区間については
採算割れを懸念して工事に着手することはなかった 特に愛野−小浜間については
鉄道敷設工事の難易度が高く 全く眼中にはなかったと思われる

これに対し 愛野・千々石・小濱・北串山・南串山の五ヵ村の有志により 愛浜電気鉄道を設立するに至った
しかし 工事費の高騰・資金不足による経営困難を見越して鉄道敷設許可申請は却下された
これを受けて ついに千々石村が脱退して五ヵ村連盟は分裂し消滅してしまった
その後 千々石村と愛野村が共同して愛野村−千々石村間の鉄道会社の設立を企てた
当時の新聞報道概略によれば「小浜まで延長する意向を漏らし 関係町村からも株を募集した」とある
大正8年(1919)12月 温泉(うんぜん)軽便鉄道に対し南高来郡愛野村−同郡千々石村間の免許状が下付され
大正9年(1920)7月6日 温泉軽便鉄道が正式に設立され 社長に島原鉄道代表の植木元太郎が就任した
大正12年(1923)5月5日 ついに愛野村−千々石駅間を開業した

小浜村では  千々石まで鉄道が伸びたことを受け 小浜温泉までの延伸計画の履行を談判したが
千々石村−小浜村間は難工事が予想されるうえに 関東大震災により引き起こされた「震災恐慌」によって
深刻となった経済状況を考慮し 資金調達が困難であるとの理由で
計画の無期限延期となってしまった このため小浜村では独力で鉄道敷設を計画するに至った
しかし 短距離区間に2つの鉄道会社が存在するのは不利であると  当時の渡辺県知事が調停を試みたが
過去の確執から折り合うこと無く 独立採算の鉄道会社として小浜地方鉄道が設立された
大正9年(1920)12月2日 小浜地方鉄道に対し南高来郡千々岩村−同郡小浜村間の鉄道免許状が下付され
大正10年(1921)8月25日 小浜地方鉄道設立 社長には代々湯太夫を務めてきた本多家の親宗氏が就任
昭和2年(1927)3月10日 漸く千々石−肥前小浜駅間を開業した
昭和2年(1927)6月には 島原鉄道・温泉鉄道・小浜鉄道の3社で諫早−肥前小浜間の直通運転を開始した
しかし肥前小浜駅(後・雲仙小浜駅)が 温泉街の中心部から2km程度離れていたため 乗合い自動車との
競合が激しく業績はふるわなかった 他方 温泉鉄道(温泉軽便鉄道)も乗合い自動車に客を奪われ
政府による軽便鉄道補助金を受けてもなお欠損を生じていた 多額の負債を抱えていたことで
この期に及んで小浜鉄道との合併を画策したが  抵当権者である銀行の了解を得られず
小浜鉄道への営業管理委託を計画したが  そのさなかに競売にかけられる事態に陥ってしまった
競売を回避するために債務を保証人により代位弁済し  鉄道及び営業権を小浜鉄道へ譲渡し
会社は解散することで競売を免れ鉄道の存続を決めた これにより小浜鉄道は 自社鉄道存続のために
必須と成る路線の鉄道及び営業権を譲受し その代金支払を代位弁済した保証人に支払う条件で
愛野−千々石間の線路を入手したが 後々高い買い物と言われる程の出費を強いられたことになる
昭和8年(1933)に温泉鉄道の路線を引継ぎ社名も雲仙鉄道と改称したが その後も経営は好転せず
昭和10年(1935)に一時的に島原鉄道に経営委託したが 一年後には契約解除された
昭和12年(1937)3月に政府補助金の支給期限が満了し さらに損失や経営譲受に対し私財を投入していた
本多親宗社長も6月に死去したことから 昭和13年(1938)8月15日に愛野村−雲仙小浜駅間全線が廃止された
地理的にも困難を極め ついには温泉場近くに駅が開業されることもなく わずか11年の短命鉄道であった

口之津鉄道株式会社は 大正8年(1919)4月に島原鉄道の別会社として設立され 社長には温泉軽便鉄道と同じく
島原鉄道代表の植木元太郎が就任している 大正11年(1922)4月 島原湊−堂崎間が開業し
島原湊−加津佐駅間が全線開通したのは 昭和3年(1928)3月である
昭和18年(1943)に島原鉄道に吸収合併され 平成20年(2008)島原外港−加津佐駅間が廃止となっている

沿革
温泉軽便鉄道
大正08年(1919)12月
温泉(うんぜん)軽便鉄道に対し鉄道免許状下付(南高来郡愛野村−同郡千々石村間)
大正09年(1920)07月
温泉軽便鉄道設立
大正12年(1923)05月
愛野村駅−千々石駅間を開業 愛野村・愛津・水晶観音・千々石駅開業
大正13年(1924)05月
温泉(うんぜん)鉄道に社名変更
大正15年(1926)07月
水晶観音−千々石駅間に濱駅を開業
昭和02年(1927)06月
温泉鉄道・島原鉄道・小浜鉄道の三社で諫早−肥前小浜駅間の直通運転開始
昭和07年(1932)11月
島原鉄道との直通運転を廃止 愛野駅で乗換えとなる
昭和08年(1933)10月
鉄道敷設免許を雲仙鉄道に譲渡し会社を解散する
小浜地方鉄道
大正09年(1920)12月
小浜地方鉄道に対し鉄道免許状下付(南高来郡千々岩村−同郡小浜村間)
大正10年(1921)08月
小浜地方鉄道設立
昭和02年(1927)03月
千々石−肥前小浜駅を開業 上千々石・木津ノ浜・富津・肥前小浜駅を開業
昭和02年(1927)05月
小浜鉄道に社名変更
昭和02年(1927)06月
小浜鉄道・温泉鉄道・島原鉄道の三社で諫早−肥前小浜駅間の直通運転開始
昭和04年(1929)10月
小浜町地内の鉄道免許取消(1920年12月下付免許 小浜町地内ノ工事竣功セザルタメ)
昭和07年(1932)11月
島原鉄道との直通運転を廃止 愛野駅で乗換えとなる
昭和08年(1933)07月
雲仙鉄道に社名変更
昭和08年(1933)10月
温泉鉄道の鉄道敷設免許を譲受し合併
昭和10年(1935)06月
島原鉄道に経営委託 1年後委託解除
昭和12年(1937)06月
本多親宗代表 現職のまま死亡
昭和13年(1938)08月
愛野村−雲仙小浜駅(肥前小浜駅)間の全線を廃止

緑ライン:旧温泉鉄道 赤ライン:旧小浜鉄道
img
愛野村駅と愛津駅周辺 昭和22年(1947)11月1日の米軍による空撮写真(方位角度修正)
写真には鉄道の道床築堤跡と駅跡が残る  @ 島原鉄道 愛野駅(南側に雲仙鉄道 愛野村駅があった)
A 愛津駅跡  B 現在の会津駅跡を表す掲示は駅への取付道路入口にある
愛津駅を出ると 約14〜15‰の勾配がある築堤を上り 峠を越えて小原へと下っていく
<現在:Google Earth>
img
小浜周辺 昭和22年(1947)3月29日の米軍による空撮写真
@ 現在の雲仙市役所 A 雲仙小濱駅跡 B 富津駅跡
 TOP  Next>