木次線(きすきせん)

● 起点:山陰本線宍道駅 終点駅:芸備線備後落合駅 総延長距離:81.9km 駅数:18(起終点駅含む)
● 駅名:宍道−南宍道−加茂中−幡屋−出雲大東−南大東−木次−日登−下久野−出雲八代−出雲三成−
     亀嵩−出雲横田−八川−出雲坂根−三井野原−油木−備後落合

歴史
木次線の前身となる簸上(ひのかみ)鉄道が 山陰本線宍道駅から大原郡木次町間を結ぶ路線として開業したのは
大正5年(1916)10月11日であった 後に鉄道省により木次から南へ路線を延ばし 木次−出雲三成間が
開業したのは 昭和7年(1932)12月18日である 昭和9年(1934)8月1日には簸上鉄道が国有化され
宍道−出雲三成駅間が木次線となった 芸備線の備後落合駅に到達したのは昭和12年(1937)12月12日であった
簸上軽便鉄道は たたら製鉄・絲原家筆頭の絲原武太郎・醸造業で後に政治家となる木村小左衛門など
地元資産家の有志でもって設立され 大正2年(1913年)12月に鉄道敷設許可を申請し
翌大正3年(1914)1月に鉄道免許状が下付された 当初の計画では八束郡宍道村−大原郡木次町間
及び支線として大原郡幡屋村−同郡大東村間としていたが 5月には簸上鉄道に社名を変更し
翌年2月には路線を八束郡宍道村−大原郡木次町間のみに変更している
社名の「簸上」は奥出雲地方を指す言葉で 古代律令制の時代から続く「大原郡・飯石郡・仁多郡」を言い
合わせて簸上(雲南)三郡と呼ばれていた 古代より良質の砂鉄を産出し「たたら製鉄」が盛んであった
簸上鉄道の蒸気機関車
img
1・2号機 国鉄から譲渡された120形機関車
明治6年(1873)英国・ロバート・スティーブンソン社製
img
3号機 国鉄から譲渡された5形機関車
明治28年(1895)米国・ボールドウィン社製
旧所属:北海道炭砿鉄道 国有化後従輪を付加する
img
4号機 国鉄から譲渡された1040形機関車
明治37年(1904)日本鉄道大宮工場製 旧所属:日本鉄道
img
5・6号機 簸上鉄道が日本車輌に発注した機関車
大正12年(1923)日本車輌製
img
2号機(2代目) 簸上鉄道が日本車輌に発注した機関車
昭和8年(1933)日本鉄道大宮工場製
砂箱と蒸気溜を一体化した国産初の形態は 後の国産蒸気機関車に引き継がれる

●簸上鉄道
大正03年(1914)01月
簸上軽便鉄道に対し鉄道免許状下付 1月31日
大正05年(1916)10月
宍道−木次駅間(21.08km)を開業 加茂中・大東町・木次駅を開業
大正07年(1918)02月
幡屋停留場を開業
大正10年(1921)03月
幡屋停留場を駅に変更

●国鉄木次線
昭和07年(1932)12月
木次−出雲三成駅間(20.4km) を開業 日登・下久野・出雲八代・出雲三成駅を開業
昭和09年(1934)08月
簸上鉄道を国有化 宍道−出雲三成駅間が木次線となる 大東町駅を出雲大東駅に改称
昭和09年(1934)11月
出雲三成−八川駅間(14.8km)を延伸開業 亀嵩・出雲横田・八川駅を開業
昭和12年(1937)12月
八川−備後落合駅間(25.6km)を延伸開業し木次線全通 出雲坂根・油木駅を開業
以降の駅開業:三井野原乗降場開設→三井野原駅・南宍道駅・南大東駅

● 木次線の古い木造駅舎