関西本線

● 起点:東海道本線名古屋駅 終点駅:JR難波駅(湊町駅) 総延長距離:174.9km 駅数:50(起終点駅含む)
● 駅名:名古屋−八田−春田−蟹江−永和−弥富−長島−桑名−朝日−富田−富田浜−四日市−南四日市−河原田−
     河曲−加佐登−井田川−亀山−関−加太−柘植−新堂−佐那具−伊賀上野−島ヶ原−月ヶ瀬口-大河原−
     笠置−加茂−木津−平城山−奈良−郡山−大和小泉−法隆寺−王寺−三郷−河内堅上−高井田−柏原−
     志紀−八尾−久宝寺−加美−平野−東部市場前−天王寺−新今宮−今宮−JR難波

歴史
関西本線の前身は 民営の関西(かんせい)鉄道・大阪鉄道・奈良鉄道である
大阪鉄道が 湊町(JR難波)ー柏原間(延長:16.29km)を開通させたのは 明治22年(1889)5月14日で
関西鉄道が 四日市−柘植間(延長:42.85km)を開通させたのは 翌年の明治23年(1890)12月25日である
その後 大阪鉄道が明治26年(1893)に奈良まで延伸し 関西鉄道も明治29年(1896)には
名古屋まで延伸開業している 明治30年(1897)に奈良鉄道が奈良−京都間を開通させ木津駅を開業した
関西鉄道が 明治31年(1898)に柘植−加茂間を開業し 翌年には加茂−新木津−木津間を開業して
名古屋−湊町間が全通した 明治33年には加茂−奈良間に大仏線を開通させ木津を経由しない路線となった
同年 大阪鉄道が全路線(湊町〜奈良 王寺〜桜井 天王寺〜大阪)を関西鉄道に譲渡し
明治37年には紀和鉄道(和歌山市−二見)南和鉄道(川端−二見−高田)が譲渡
翌 明治38年には奈良鉄道(桜井−京都)が譲渡し 南海鉄道を残し南近畿全ての路線が関西鉄道に集約された
明治40年(1907)に加茂−木津間を繋ぎ大仏線を廃止して 現在の関西本線の路線ができあがった

明治の関西鉄道と南近畿私鉄路線の伸展

年代クリックで路線図が別ウインドウで表示されます
関西鉄道
大阪鉄道
草津〜三雲 開業
湊町〜柏原 開業
関西鉄道
大阪鉄道
三雲〜柘植 開業   四日市〜柘植 開業
柏原〜亀の瀬(仮)開業
関西鉄道
大阪鉄道
亀山〜一身田 開業  一身田〜津 開業
稲葉山(仮)〜王寺 開業   王寺〜高田 開業
大阪鉄道
亀の瀬隧道完成  湊町〜奈良 全通
大阪鉄道
高田〜桜井 開業
関西鉄道
四日市〜桑名(仮)開業
関西鉄道
大阪鉄道
浪速鉄道
奈良鉄道
草津〜名古屋 全通
天王寺〜大阪(現在の環状線のうち城東線と呼ばれた東回り路線)開業
片町〜四条畷 開業
京都七条〜桃山 開業
奈良鉄道
南和鉄道
桃山〜奈良 開業
高田〜五条〜二見 開業
関西鉄道
浪速鉄道
南海鉄道
柘植〜加茂 開業  浪速鉄道を合併(片町〜四条畷)
関西鉄道に譲渡
難波〜尾崎 開業
関西鉄道
四条畷〜木津 開業
加茂〜大仏(大仏線)開業
加茂〜新木津開業  放出〜網島 開業
名古屋〜(大阪)網島 全通となり 急行列車の運行開始
奈良鉄道
南和鉄道
紀和鉄道
南海鉄道
桜井〜京終 開業
紀和鉄道接続駅二見開業 旧二見を川端と改称
五条〜橋本 開業  和歌山〜船戸 開業
難波〜和歌山 全通
関西鉄道
奈良鉄道
大仏〜奈良 開業 大仏線全通
京終〜奈良 開業  桜井〜京都 全通
関西鉄道
大阪鉄道
紀和鉄道
大阪鉄道譲受(湊町〜奈良 王寺〜桜井 天王寺〜大阪)
関西鉄道に譲渡
船戸〜橋本 開業  和歌山〜五条 全通
関西鉄道
網島〜桜宮 開業(明治34年)
紀和鉄道譲受・南和鉄道譲受(明治37年)奈良鉄道譲受(明治38年)
木津周辺経路変更 現在の路線となる(明治40年)大仏線廃止(明治40年)
紀和鉄道
関西鉄道
南海鉄道
南海鉄道連絡線開業(明治37年)
全線 鉄道国有法により国有化(明治40年)
関西鉄道と合併を見送った南海鉄道が私鉄として残る

● 関西本線の古い木造駅舎