国鉄佐賀線の歴史

● 起点:長崎本線 佐賀駅 終点駅:鹿児島本線 瀬高駅  総延長距離:24.1km  駅数:12(起終点駅含む)
● 駅名:佐賀−東佐賀−南佐賀−光法−諸富−筑後若津−筑後大川−東大川−筑後柳河−百町−三橋−瀬高駅

国鉄佐賀線は 長崎本線の佐賀駅と鹿児島本線の瀬高駅を結ぶ日本国有鉄道の路線であった
大正11年(1922)4月11日に公布・施行された『改正鉄道敷設法別表第113号』の
「佐賀縣佐賀ヨリ福岡縣矢部川、熊本縣隈府ヲ經テ肥後大津ニ至ル鐡道及隈府ヨリ分岐シテ大分縣森付近ニ至ル鐡道」
の一部として着工され 昭和6年(1931)9月24日に矢部川(瀬高)−筑後柳河間を佐賀線として部分開業し
昭和10年(1935)5月25日 佐賀−矢部川(瀬高)を全通させた
『改正鉄道敷設法別表第113号』による矢部川とは九州鉄道が開業した駅で現在の瀬高駅となり
隈府は現在の菊池市で さらに豊肥本線の肥後大津駅へと結ぶ計画であった 隈府(菊池市)からは
分岐線が計画され 久大本線の豊後森に至るという 当時としては壮大な計画であった
矢部川からは大正11年(1922)に 東肥鉄道(後の九州肥筑鉄道)が熊本県南関までの13.6kmを全通開業したが
昭和13年(1938)12月に廃止  分岐線も昭和12年(1937)に国鉄宮原線として豊後森−肥後小国間26.6kmの
一部を開業したが 以降は戦時色が強まる中で一時廃止となり 戦後再興されて 昭和29年(1954)3月に
漸く宝泉寺−肥後小国間を延伸開業したが 昭和59年(1984)12月1日に廃止されている
戦後も 筑後地方を横断するこの鉄道は 福岡県大川市の家具産業など 沿線の製造業や商業を活性化させるに
十分な役目を果たした 諸富駅からは味の素九州工場への引込線が1970年代頃まで存在しており
沿線住民にとっても欠かせない路線であった 全盛期の昭和36年(1961)年の10月ダイヤ改正では
佐賀線経由で熊本−長崎駅間を運行する準急列車「ちくご」が運行を始め 昭和41年(1966)年3月には
急行列車に格上げされた しかし 高度成長期以降 押し寄せるモータリゼーションの浪に抗うことも叶わず
乗客が減少し貨物もトラック輸送へと移行が始まった 昭和55年10月 急行列車「ちくご」が運行を終了し
昭和55年(1980)制定の国鉄再建法により 第2次特定地方交通線に指定後 国鉄分割民営化直前の
昭和62年(1987)3月28日に全線が廃止された

沿革
昭和06年(1931)09月
矢部川−筑後柳河駅間(8.6km)を佐賀線として新規開業 三橋駅・筑後柳河駅を開設
昭和08年(1933)06月
筑後柳河−筑後大川駅間(5.4km)を延伸開業 筑後大川駅を開設
昭和10年(1935)05月
佐賀−筑後大川駅間(10.0km)を延伸開業し全通させる 諸富駅・南佐賀駅を開設
昭和12年(1937)06月
百町駅を開設
昭和13年(1938)03月
筑後若津駅を開設9月10日 光法駅を新設
昭和13年(1938)09月
光法駅を開設
昭和14年(1939)09月
東佐賀駅を開設
昭和17年(1942)04月
九州鉄道時代から続く矢部川駅を瀬高町駅に改称する
昭和31年(1956)01月
東大川駅を開設
昭和31年(1956)04月
再度 瀬高町駅を瀬高駅に改称する
昭和36年(1961)10月
佐賀線経由で熊本−長崎駅間を運行する準急列車「ちくご」の運行を開始する
昭和41年(1966)03月
「ちくご」が急行列車に格上げされる
昭和55年(1980)010月
急行列車「ちくご」の運行を終了する
昭和59年(1984)06月
第2次特定地方交通線として廃止が承認される
昭和62年(1987)03月
全線(24.1km)を廃止 民営バス・市営バスに転換する
TOP