熊本県上益城郡山都町城原  通潤橋

通潤橋
通潤橋は潅漑用水を送るためにつくられた水路橋です 建設者は矢部総庄屋布田保之助
工事を担当したのは 卯助・宇市・丈八ら「肥後の石工」と呼ばれる名工たちです
工事は嘉永5年(1852)12月から1年8ケ月を要しました 通潤橋は何のためにつくられたのてしようか
まわりを深い谷に囲まれた白糸台地は水乏しく 田んぼの水はもちろん飲み水も足りないような状態でした
このような人々の苦しむ姿を見かねた布田保之助は 6km離れた笹原川から水を引き連通管の原理を
利用した通潤橋を完成させました この工事の完成により白糸台地に100haの水田が開けました
橋の長さ:75.6m  橋の巾:6.3m 橋の高さ:20.2m 石管の長さ:126.9m
昭和35年2月 国の重要文化財に指定された
矢部町