2023.05.21 福岡県北九州市小倉南区平尾台/新道寺/谷/黒添 平尾台周遊

平尾台は 九州北部の福岡・佐賀・長崎の3県にまたがり北東から南西方向に延びる筑紫山地の一画にある
また 筑紫山地は地体構造上 西南日本内帯に位置し中国山地の延長上にある山塊となる
岡山県から福岡県に至るこの山帯には 平尾台の他に秋吉台・帝釈台・阿哲台などのカルスト台地が存在する
約3億5千万年前 赤道付近に生まれたいくつもの海底火山が海面近くまで発達し その頂上に珊瑚礁が形成された
現在ではこれらの海山や珊瑚礁群を秋吉海山列と呼び 上記カルスト台地の元となったと考えられている
後に堆積した石灰層が地球のプレート運動によって約4000kmの距離を移動し 約2億6千万年前に日本海溝の底部で
圧力が加わり岩石となった フィリピン海プレートがユーラシアプレート下に沈み込む過程で
プレートから剥ぎ取られた石灰岩層がユーラシアプレートに移乗し 湾曲と隆起運動の地殻変動を加えられ
2億3千万年前頃から徐々に押し上げられたと考えられている その後の侵食などによって地表面に近い部分が
カルスト台地となった 石灰岩層は山体の地中にあると考えられ露出した石灰岩も地中では繋がっているとされる

平尾台の特徴は 他のカルストに比べピナクルと呼ばれる石灰岩柱が 侵食によって丸くなっており
羊群原と呼ばれていることである 約9000万年前に地中深くでマグマと接触 溶融した後再結晶し
もろい性質を持つ結晶質石灰岩(大理石)となった よって石灰岩石中に化石などは一切含まれてはいない
その後は 古代大阿蘇の噴火によって火砕流に埋まり 雨水などの侵食を経て現在の形になった

石灰岩台地は 貫山の山麓から南西端の竜ヶ鼻にかけて広がる台地部分で 南北約7km 東西約2kmに及び
面積は約14平方kmとなっており ほぼ小倉南区新道寺の範囲にあたる
標高は500m前後で北九州国定公園に属する 昭和27年(1952)に羊群原で代表されるカルスト地形の320ha分が
国指定天然記念物に指定された なお平尾台の最高点は 西南端の呼野地区にある標高680.7mの竜ヶ鼻である

img
P.茶ヶ床園地駐車場 1.広谷湿原 2.鬼の唐手岩 3.広谷台 4.青龍窟 5.周防台
6.桶ヶ辻 7.天狗岩 8.貝殻山 9.権現山
青龍窟からの戻りで地理院地図で示される道に入ったが 周防台への登山道に合流することが出来なかった
仕方なく林道を進み途中から合流して周防台に登り返す しかし ロスは500m程度で済んだ
平尾台全体に言えることだが 初心者にとっては 秋吉台と比較してもかなり標識が少ないように思える
img
標高グラフ
imgimg
9:25 茶ヶ床園地駐車場
遊歩道
img
標高558m 権現山
img
茶ヶ床園地
img
標高587m 大平山
img img
標高680.7mの竜ヶ鼻と三菱マテリアル東谷石灰石鉱山
img
カルスト地形 カレン
img
石灰岩柱 ピナクル
img
平尾台の羊群原
imgimg
標高479m中峠分岐 左:貫山・キス岩へ
中峠の頂上は490mの鞍部
img
NTT西日本 平尾台無線中継所を見る ここまで来ると登山客も少ない
imgimg
10:07 広谷湿原・青龍窟 分岐
広谷湿原
img
標高445mの広谷湿原から見る周防台
img
鬼の唐手岩は花崗閃緑岩
imgimg
分岐を左へ 鬼の唐手岩と広谷台を目指す
鬼の唐手岩
imgimg
10:31 鬼の唐手岩
鬼の唐手岩から見る広谷湿原
img
鬼の唐手岩から標高608.6mの周防台
img
寄る年波か?高所恐怖症がひどくなったので岩上は遠慮する
img
広谷台から行橋方向の展望 かすみの原因は黄砂ではなくPM2.5でしょう
imgimg
広谷台 四等三角点 標高510.52m 点名:岡
10:45 標高549mの岩山とNTT鉄塔
img
周防台(右)と奥に見える標高568.8mの桶ヶ辻
img
広谷台から戻り青龍窟を目指す
img
鬼の唐手岩
img
鬼の唐手岩と同じ花崗閃緑岩が右側へ連続して続く
imgimg
花崗閃緑岩に混じる結晶質石灰岩
鬼の唐手岩
imgimg
青龍窟へ
苅田町大字谷の林地
img imgimg
11:12 苅田町大字山口字青龍 国指定天然記念物 青龍窟
青龍窟は、北九州国定公園のカルスト台地平尾台のなかでも最大級の鍾乳洞窟です。
地下川が石灰岩を浸食したことにより、 高度差50m以上の複雑な洞窟を形成しています。
洞窟内部は迷路のように入り組み、多くの神秘的な鍾乳石が見られます。
また、洞内からは約40万年以前のステゴドンゾウ(東洋象)や、約2万年以前のナウマンゾウなど
多くの動物化石が発見されており、「化石の宝庫」とも呼ばれています。
洞口ホールには、豊玉姫伝説にまつわる龍形岩や窟神社があります。
青龍窟には、かつての山岳修験道等覚寺の行場や奥の院があったとされており、
現在も「等覚寺の松会」(国指定重 要無形民俗文化財)の行事が行われています。
img
ノムラモミジ
名前の由来は葉色の濃紫から 江戸時代からあるイロハモミジの園芸種 かつての名は「武蔵野」
imgimg
青龍窟から少し戻って周防台を目指すが迷う
11:58 林道を経て登山道に合流し周防台へ
img
周防台山頂 地理院地図のデーターでは標高608.6m 昼食休憩
img
周防台から竜ヶ鼻と三菱マテリアル東谷石灰石鉱山 背後に900.5mの福智山 右下に茶ヶ床園地
img
◁ 岩山から広谷台へのパノラマ ▷
img
12:26 周防台を出発
img
桶ヶ辻を目指す
imgimg
三等三角点 標高:568.71m 点名:新道寺
12:45 桶ヶ辻山頂 パラグライダー・テイクオフ
img
茶ヶ床園地へショートカットの支尾根
img
天狗岩へ下る
img
振り返り 桶ヶ辻
img
12:58 天狗岩
img imgimg img
13:05 標高436mの天狗岩
img
13:13 天狗岩を振り返り
imgimg
久しぶりに見る案内標識
5弁の白花 名称は不明
imgimg
あと30分でほぼ熱中症 日陰に退避
14:08 無事 茶ヶ床園地駐車場に到着
 TOP