2017.04.04 武雄・嬉野の桜散歩

有田内山・皿山通りの散策後 武雄市と嬉野市の桜名所を辿って帰路につく
武雄市馬場の山桜−八天桜−円応寺桜並木−庭木ダム−納戸料の百年桜−和泉式部公園の順に周遊する
馬場の山桜と百年桜はまだ咲いていなかった 今年はやはり開花が遅い

有田内山・陶山神社
img
お昼時 窯場で働く人たちが桜の下でミニ宴会

赤穂山八天桜
img img
午後6時30分から午後9時30分までの3時間ライトアップされ 池に映る桜の花が美しいと評判

円応寺参道の桜並木
円応寺は十一面観音菩薩を本尊とする曹洞宗の寺で 永正16年(1519)に 第18代武雄領主後藤純明が開基し
了然禅師によって開山された武雄鍋島家の菩提寺である
img
円応寺鳥居型石門
安山岩(塩田石)切石を基礎石に、凡帳面取り角石を二個積み上げて柱としてあります。
貫(ぬき)は虹の形の一本ものです。正面に文様を彫り込んであります。笠木は三本組みで、
全体的に強い反りをもち、両端は渦巻きになっています。中央に「白雲関」の石造相額がかかっています。
規模は、内法幅2.76m、高さ5.01mで、建立年代は、向かって右側柱左側面の銘文に記してある
「寛政十年」(1798)です。因に、銘文は他に「施主 古川長衛慰中行 北川郷右衛門慰好信」
「願主 江ロ卯兵衛慰親澄 原松右衛門小奉行 眞名子嘉太八田代蔵七 石工 塩田住 筒井興四右衛門
同名幸右衛門」と記してあります。この種類の石造門は法音寺(臼杵市二玉座・明治11年 建立)に
類似の門がある程度で、はっきりした江戸時代の鳥居型石門として、石造建築史上価値の高いものです。
平成5年4月30日 武雄市重要文化財(建造物)指定
img img img img img
円応寺アーチ型石門
参道の第二の門として文化14年に建立され 同時期の文化年間(1804〜1818)に参道に石畳が敷かれた
門の屋根は切妻型で 両脇に低い石塀がついている 門の幅は4.846m 奥行き0.97m 高さ4.17m
アーチ開口部幅2.42m 開口部の高さ3.24mで 門の裏側に刻銘があり 文化14年に大串儀左衛門が施主で
鳥屋弥兵衛・永石安兵衛などの石工によって造られたことがわかっている
正面のアーチ上部に「西海禅林」の額がある これは第28代武雄領主鍋島茂義の 15・6歳頃の筆によるもの
石造建築史上貴重なものとして 平成5年4月30日 武雄市重要文化財(建造物)に指定された
img img img

庭木ダムの桜
img img img img img img img img img img

和泉式部公園の桜
平安朝の歌人として名高い和泉式部は 肥前国杵島郡の福泉寺(福泉禅寺:佐賀県杵島郡白石町田野上)で生れ
塩田郷の大黒丸夫婦にひきとられ 9歳まで塩田で過ごした その後 京の宮廷に召され
優れた才覚と美貌で波瀾に満ちた生涯を送ったと伝えられている 今でも嬉野市塩田町には和泉式部にまつわる
地名や伝説が数多く残っており「五町田」という地名は式部が詠んだ
「ふるさとに 帰る衣の色くちて 錦の浦や杵島なるらん」という歌に感動した天皇が大黒丸夫婦へ贈った
「五町の田圃」に由来するものである 「和泉式部公園」はこうしたロマンあふれる伝説の地に造られている
img
飛行機雲が出た「案の定」 翌日は曇り二日後から雨となった
img
大黒町遺跡発掘調査に基づく古代住居跡の葦ぶきの研修棟・竪穴式住居・高床式倉庫が隣接する
この茅葺の大きな高床式建物は  笹谷遺跡で発見された建築物を復元した物である
img
背景は標高340mの白岩山
山肌の東部に見えるピンクの帯は「さくらの里」桜並木で 今回は時間の都合で行くことが出来なかった
img img img img
吉浦神社
TOP