2016.11.12  福岡県筑前町 「ど〜んとかがし祭」のシンゴジラ

11月5日(土)の前夜祭と6日(日)の本祭で開催された 第12回筑前町「ど〜んとかがし祭」に合わせて
およそ4ヶ月かけて製作された高さ7m・全長10mの稲ワラで作られた「シンゴジラ」で
東宝映画の著作権をクリヤーしただけに”リアル”である
毎年作られている「巨大ワラかがし」 昨年は大イノシシを作り 12年目の今年は
映画のヒットもあって「シンゴジラ」の制作に決定した 著作権等の問題も何とかクリアして
「筑前町ふるさと応援寄附金」いわゆる”ふるさと納税”を使い 地元の若者や役場職員で構成される
「ワラかがし」 経験豊富なスタッフを中心とした 約20名の「巨大わらかがし班」の指導の元
約150名のボランティアが参加し完成させた 当初の完成予定は10月23日であったが
作り直しの発生や思いもよらない多雨の影響で 実に完成したのは10月31日であった
「筑前町ど〜んとかがし祭」は 安の里公園を会場に「食と農」をテーマとした
「食の祭りだ全員集合〜いいものは近くに〜」と題した「秋の収穫祭」で 毎年11月の
第一土日曜日に開催され 餅まき・火の祭典・消防ポンプ体験・豊穰みこし・花火大会などが行われる
「大ワラかがし・シンゴジラ」は好評で 12月4日まで公開された
img img img img
img
img
<歳時記・INDEX>  TOP