2015.05.01  大分県・熊本県 杖立温泉・鯉のぼり祭り

「鯉のぼり祭り」の発祥の地・杖立温泉 昭和50年代初め 川の対岸にロープにボールをつけて投げ渡し
揚げなくなった鯉のぼりを吊してみたのが始まりだとか 最初は40匹程度であったが
現在では3500匹の鯉のぼりが杖立川に泳ぐ この方式が全国的に広まり各地で初夏の風物詩となっている
img
今日は風が無いので 干物のメザシ状態
imgimg
杖立温泉(つえたておんせん)
熊本県阿蘇郡小国町と大分県日田市に跨がり 杖立川沿いの谷間に大規模ホテルから小規模の湯治旅館まで
様々な宿泊施設が22軒存在ある ひぜん屋旅館内には熊本・大分両県の県境が存在するため
その占める面積により 両県で税収を分かち合っていることも珍しい
泉質は塩化物泉で湧出温度が約100℃であるため 蒸気は調理に利用され 各所に共同の蒸し釜がある
温泉街は杖立川の両岸に展開するが 左岸西側の旅館街が古く この路地裏を「背戸屋(せどや)」と呼び
昭和レトロな感じを色濃く残すことで 近年昭和再発見の場として注目されている
杖立の共同浴場は 元湯・薬師湯・御前湯・流泉湯・第二自然湯の5軒があり 足湯のある公園もある

伝説では 約1800年の歴史があり応神天皇の産湯として使われたとされる
杖立の名は 平安時代の初頭 この地を訪れた弘法大師空海が 温泉の効能に大いに感銘し
持っていた竹の杖を源泉に立ててみたところ 節々から枝や葉が生えてきたことが由来とか
また 杖の助けを借りてやってきた人が 湯治により健康を取り戻し 帰る時には杖なしで済むという
ことから 名づけられたとされる説もあった
今では「湯に入りて 病なおれば すがりてし 杖立ておいて 帰る諸人」という歌が発祥とされている
江戸時代は熊本藩の御前湯が置かれた 現在は共同浴場御前湯となっている
明治以降は野口雨情などの文化人も訪れた 戦後は「九州の奥座敷」と呼ばれ 歓楽街温泉としても栄えたが
温泉客の嗜好変化や旅行形態の変化などに伴い 衰退する傾向にあったが 近年は鄙びた温泉情緒や
背戸屋の散策 蒸し湯や蒸し釜などを生かした活動が盛んになってきた
img
imgimg
img
img
杖立温泉名物の「蒸し釜」
TOP