2012.11.20  紅葉の国東・六郷満山

国東半島は桜島と同じく 半島中央にそびえる海抜721mの両子山をはじめとする火山群によって生成された
半島である 両子山(ふたごさん)から放射状に伸びる約28筋の谷に沿って里が開け 東回りに
田染(たしぶ・豊後高田市)・来縄(くなわ・豊後高田市)・伊美(いみ・国見町)・国東(くにさき・国東町)
・武蔵(むさし・武蔵町)・安岐(あき・安岐町)の6つの郷にまとめ 総じて六郷と呼ばれている
学説では 山岳信仰の霊場が 奈良時代末期から平安時代にかけ寺院の形態を取るようになり
宇佐神宮及びその神宮寺である弥勒寺を中心とする八幡信仰と さらには天台修験道と融合し
神仏習合の独特な山岳仏教文化が形成された 現在においても33ヶ寺と番外に宇佐神宮を加えた
「国東六郷満山霊場」(国東半島三十三箇所)が構成されている また国東半島の寺院群は
学問をするための本山(もとやま)修行をするための中山(なかやま)布教をするための末山(すえやま)の
三群に分けられ これらを合わせて満山と呼ばれ最盛時には65寺あった
これら国東半島の寺院を総称して六郷満山(ろくごうまんざん)と呼ぶ

天台宗別格本山 足曳山 両子寺
奥の院本殿に祀る 宇佐八幡神の神子である 両子大権現(男女双子の二天童子)を宇佐宮から勧請
img
石造の仁王像
img
img
imgimg
img
imgimgimg
境内の紅葉
本尊を祀る奥の院
imgimg
両子山頂
青空と紅葉に染まる小川の水面
imgimg
imgimg
img
img二天童子・両子道祖神
旧千燈寺跡
「補陀落山 千燈寺」は 六郷満山の諸寺を創建した仁聞(仁聞菩薩)の入寂の地であるとも伝えられている
かつては六郷満山の中山本寺で 16の末寺を有し六郷満山の中核を成す寺院として栄え「西の高野山」とも
称されたが 天正年間に大友宗麟による焼き討ちに遭い大規模な伽藍は焼失した 秀吉の時代文禄年間に再建
されたが往時の繁栄を取り戻すことはなかった 千燈寺という寺号は 仁聞がこの寺の近くにある
五辻岩屋で修行をしていると 東北海の龍王がその徳に感じて千の燈を献じたことから名付けられたとされる
現在の千燈寺は 旧千燈寺の坊が昭和初期に山麓に移転したものである
img
護摩堂跡の仁王像
imgimg
奥の院と左手は枕の岩屋 枕の岩屋は仁聞が入寂したといわれる岩窟

天台宗 峨眉山 文殊仙寺
両子山の北3.5kmに位置する文殊山(617m)の中腹にある古刹 山号の峨眉山は 寺が所在する文殊山の別名
日本三文殊のひとつに数えられ 周辺の奇岩と紅葉は 別名「文殊耶馬」と呼ばれている
img
imgimg
天台宗 石立山 岩戸寺
寺の入口に立つ一対の仁王像のうち 右側の阿形像には文明10年(1478年)の銘があり 在銘の丸彫り
仁王像としては日本最古のものである 本尊は平安後期作のカヤの一木造りの薬師如来像である
img
img
imgimg
img
img
TOP