2011.01.09  どんど焼(左義長)

左義長(または三毬杖)について
もとは毬打(ぎっちょう)を三つ立てたといわれる宮中における小正月の火祭り行事である 正月15日と18日に
吉書(きっしょ)を焼く儀式として執り行なわれた 清涼殿の東庭で 青竹を束ね立て 毬打3個を結び
その上に扇子や短冊などを添え 陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いたという行事があり
その年の吉凶などを占ったとされる 毬杖(ぎっちょう)三本を結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれた
これが民間に伝わり現在の形になったとされるが 一般的呼称の「左義長」という字があてられた理由は不明である
民間では正月14日または15日(九州では6〜7日)長い竹数本を円錐形などに組み立て 正月の門松・七五三飾り
書初めなどを持ち寄って焼く その火で焼いた餅を食えば年中の病を除くという また書き初めを焼いた時に
炎が高く上がると字が上達すると言われている 道祖神の祭りとされる地域が多く子供組などにより今も行われる
徒然草に「・・・は 正月に打ちたる毬杖を真言院より神泉苑へ出して焼きあぐるなり」とある
東京では江戸時代 万治・寛文と火災予防のために禁止されて以降廃れた 民俗学的な見地からは
門松や注連飾りによって出迎えた歳神を それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる
歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域では とんど(歳徳)焼きと呼ばれ 出雲方面の風習が発祥であろうと
考えられている 他にどんど焼・どんと焼・さいとやき・ほっけんぎょう・ほちょじ・おにび・三毬打とも呼ばれ
とんどを爆竹と当てて記述する文献もある これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう
img01img02
4日 どんど焼の準備
9日 午後4時点火
img03img04
焼餅の準備
子供たちが餅を焼く
img05img06
焼いた餅は「小豆ぜんざい」でいただく
大人は缶ビール片手に肉を焼く

毬打(ぎっちょう)とは 木でできた長い槌を使い木製の毬を相手陣に打ち込む遊びをいう
またはその槌のことを言い 振々毬杖(ぶりぶりぎっちょう) 玉ぶりぶりとも言う
giccho
槌の柄には色糸をまとい飾る 平安時代に童子の遊びとして始まり後に庶民の間に広まった 江戸時代頃まで
正月儀式として残ったが 現在では一部地域において文化体験の一環として残されるに止まる
左利きの人が毬杖を左手に持ったことから ひだりぎっちょうの語源とする説もある 『本朝俚諺』には
「俗間に左の手の利きたる人をぎっちょといへるは左義長といふ意 左専[もっぱ]らききたるに準[なら]ふ」とある

毬打(ぎっちょう)の元となった打毬(だきゅう・うちまり)は 古来からの日本の競技・遊戯である
騎馬戦で打毬杖(だきゅうづえ)を使い毬を自分の組の毬門に早く入れることを競う
紀元前6世紀のペルシャ(現・イラン)を起源とし 東方へは古代中国を経て日本へと伝来した
ペルシャから西方へはヨーロッパに伝播し イギリスで近代化され「ポロ」となった
現在は 宮内庁と青森県八戸市の長者山新羅神社 山形県山形市にのみ伝承され 長者山新羅神社では騎馬ではない
「徒打毬」(かちだきゅう)も行われる 『万葉集』巻6に神亀4年(727)正月に王子諸臣が春日野に集まり
打毬をおこなったことが記されている
TOP