2015.03.31  シデコブシ

img
和名:幣辛夷(四手拳)
学名:Magnolia stellata (Siebold & Zucc.) Maxim. モクレン科モクレン属の落葉小高木
日本の固有種であり 自生地は愛知県・岐阜県・三重県の一部に分布する
約350万年〜250万年頃にできた東海湖(伊勢湾最奥部と濃尾平野)の沿岸地帯となる
養老山地東麓の扇状地や木曽川・庄内川流域、渥美半島などの 丘陵地域の水が浸み出す
湿地などに自生している 園芸用の苗木などが市販されていて
庭木や公園樹として植栽されているが 湿地の開発 土地造成 ゴルフ場建設などにより
推定される自生地の総個体数は1万個程度と絶滅が危惧されており
環境省により 自生個体群はレッドリストの準絶滅危惧の指定を受けている
花は両性花で 花期は3〜4月頃で 葉が出る前に白の花を八重に咲かせる
和名は花の形が四手(しで)に似たコブシのような花を付けることに由来する
花言葉は 歓迎・友情
img
シデコブシ 大分県豊後高田市 国東半島長崎鼻にて撮影
img
コブシの花 出典<Wikipedia>
 TOP
<花草木・INDEXに戻る>