2013.11.05  猿尾草・チカラシバ(力芝)

ミチシバ=道芝とも呼ばれる 学名:Pennisetum alopecuroides
単子葉植物イネ科の多年草 猿の尻尾に例えられるブラシのような穂が特徴的で かなり大きな株になる
地下茎は短いが広がりやすく根元から多くの葉を出し大きな株を作る 根付が非常に固く駆除を考えると厄介である
和名の「力芝」も 引き抜くのに力がいることに由来している
日本・朝鮮半島・中国からフィリピン・マレー半島を経てインドまで亜熱帯地方以南に広く分布する
また オーストラリアや北米に帰化し 今後も世界的に広がっていくと思われる
img
畑一面のチカラシバ
img
林道脇のチカラシバ
img
2009.6.19 同じ畑の「ヒメシオン」群落
この畑では「ツルムラサキ」が3年毎に栽培される 栽培後の休耕期には 一面に同一の植生がみられる
牛用飼料に混入し それが未消化のまま牛糞堆肥に残存することが影響しているのではないかと 私は思う
 TOP
<花草木・INDEXに戻る>