2007.03.27  ペンペン草

本名は薺(ナズナ)春の七草に入る 昔からある日本の野草なので 万葉集に歌われているかと思えば
七草のうち 万葉集に見られるのは 「芹」だけだそうで 案外といった気分にはなる
「薺」なんとも難しい字である 拡大すれば
nazuna
と書く
三角形の種の部分を少し剥ぎ でんでん太鼓のようにくるくる回すと しゃらしゃらと涼しげな音がする
その音からか又は種の莢が三味線のばちに似ているためか 一般には「ペンペン草」と呼ばれる
img01
ペンペン草が生えるとは家が没落する 又は商いが寂れる様をあらわし 屋根にぺんぺん草が生えることを見て
言う言葉である 屋根とは茅葺屋根を指す 冬の間竈や囲炉裏に火を入れず 煙で屋根を内側から燻すことを怠ると
春になって屋根に湿気がたまり そこにナズナが生えてくる やがて屋根が腐り抜け落ちて家がかしいで倒れる
冬の間煮炊きもできぬほど困窮したり 夜逃げ等で打ち捨てられた廃屋の運命を予見して
「屋根にペンペン草が生える」というのである このようなたとえに使われる野花は可哀想である
カメラのレンズをぐっと近づけると そこには可憐な4弁の十字花たちが春風にそよぐ
img02
花言葉 「あなたに私のすべてを捧げます」「あなたにすべてをお任せします」
<花草木・INDEXに戻る>