2013.07.04  カタツムリ

「カタツムリ」は日常使われる通称で 日本における学術的呼称は「マイマイ」で統一されている 大雑把に言えば
陸貝(陸に生息する腹足類)の内 殻の無いものを「ナメクジ」 殻のある物を「カタツムリ」と呼ぶ ナメクジは
カタツムリの殻が退化した生物と考えられ同族である カタツムリの語源は<笠+螺貝(つぶ)>とされるが
少し無理があるように感じる <笠+頭>で「カサツムリ」であったりもするが 自分なりに考えてみると
笠が渦を巻くことから<笠+旋毛=つむじ>で「かさつむじ」が訛った言葉ではないかと考えてみれば 繰り返し
言葉を発すると「かたつむり」に一番近い気がする しかし私は言語学者でも無く ど素人なので戯言としておく
その他の呼び名も多く「でんでん虫」は「出ろ出ろ」 「マイマイ」は「舞え舞え」からと のろのろと遅い歩みに
「囃す言葉」が名前となったものである この呼称の研究としては柳田國男が著した「蝸牛考」が有名である
一般に日本で言われるのは「マイマイ目」「マイマイ科」「マイマイ属」であるが 生物として移動能力が極端に
低く 行動範囲も狭いため 山脈や乾燥地・水域などを越えて分布することが困難である為に 地域固有種が多く
国内だけでも800種近いと言われる 基本的には殻に蓋がない 頭部に触覚が大小2対ある 大触角の先に目が
あることなど また殻の渦は右巻・左巻とも存在し 殻の柄も含め全てDNAで決定づけられている
img
ツクシマイマイ

漢字では「蝸牛」と書くが これは人の内耳にある聴覚をつかさどる 楽器「ホルン」のような形状をした器官である
殻の形状が似ているため使用される漢字で 元々は「蝸」だけで「カタツムリ」を著す
漢字を解体すると「虫」+「img」+「口」となる なおも「img」を解体すると「回」+「冂」となり 「丸くて窪みの
あるもの」という意味になる また「img」の上部の「img」は渦巻きの意味または「回」の略字でもある
他に「鍋」は丸くて窪みのある物 「禍」は落とし穴から災いを表し 「img」は関節の窪みを表すことから
体を表す「月」を加えて「骨」となる 以上の点から「蝸」は 丸くうずを巻いた膨らみのある なおかつ口のある
殻を持った虫を表すのに作られた漢字である
 TOP
<鳥獣虫・INDEXに戻る>