2007.04.08  イヌノフグリ

庭の片隅や野原で見かける 目だたないほどごく小さな 薄紫の花を付ける野草
img03
img04
 東南アジア各地でも見られ 一説には古代の帰化植物だと言われる 名前の「フグリ」とは 広辞苑で引く限り下記のごとくである
  ふぐり【陰嚢】 語源:ふくらみがあって垂れているものをフクロ・フクリという  睾丸。いんのう。〈和名抄3〉「まつふぐり」の略。まつかさ。秤のおもり。分銅。:「錘」と書く。形が陰嚢に似るからいう
  ようするに 「金玉袋」と言うことである なぜこの可憐な花を付ける野草が 「きんたま袋」なのか それは花の咲いたあとに付ける実が「犬のきんたま袋」に似ているらしい なるほどと言えば似ていなくもない
  しかし「いにしえ人」というものたった2ミリ程度の結実をみて「いぬのきんたま」を想像するとは 相当の感覚の持ち主である

花言葉は 信頼・女性の忠実・真珠に似た

今では同属の「オオイヌノフグリ」に駆逐され目だたない存在となっている
オオイヌノフグリは明治期に帰化したヨーロッパ原産の植物である 別名に「星の瞳」という可憐な名がある
img01
img02
オオイヌノフグリの花と実
花言葉は 清らか・信頼・神聖・忠実
<花草木・INDEXに戻る>