2014.04.16  八重桜・関山

八重桜と言う名は 八重咲きサクラの総称で内実多くの品種がある 一般的に見られる品種として
関山(カンザン)・普賢象(フゲンゾウ)や八重紅垂れ(ヤエベニシダレ)などが有名である
開花期がソメイヨシノに比べて10日前後遅い 普賢象は室町時代から存在していた事が知られている
img
カンザン
関山 学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Sekiyama バラ科サクラ属の植物でサトザクラ群の園芸品種
学名には<Sekiyama>とあり 別名セキヤマともいう カンザン・セキヤマのどちらが正しい読みかは不明
花の塩漬けにはカンザンが原料として多く用いられ 桜湯の素となることも多い また葉は塩漬けされ
桜餅に使われる 桜餅の呼び名は 江戸では「長命寺」京では「道明寺」と呼ばれ 江戸が発祥とされる
花言葉:しとやか 教養がある 善良な教育
imgimg
関東 長命寺
関西 道明寺
 TOP
<花草木・INDEXに戻る>