南海加太線

● 起点:紀ノ川駅 終点駅:加太駅 総延長距離:9.6km 駅数:8(起終点駅含む)
● 駅名:紀ノ川−東松江−中松江−八幡前−西ノ庄−二里ヶ浜−磯ノ浦−加太駅

歴史
前身となる 加太軽便鉄道は 明治44年(1911)会社設立
明治45年(1912)6月16日 和歌山口駅(和歌山市北島426番地辺り)−加太駅間開業
大正3年(1914)9月23日には 新設の紀ノ川橋梁を経て和歌山口駅(二代目)を 南海和歌山市駅北側に開業
昭和17年(1942)2月1日南海鉄道に吸収合併
昭和25年(1950)紀ノ川駅分岐とする線路に乗客輸送を切り替え
昭和25年の台風災害により紀ノ川橋梁破損により北島−和歌山市間不通となり
昭和30年北島−和歌山市間廃止 昭和41年(1966)に東松江−北島間を廃止する

● 加太軽便鉄道
明治43年(1910)10月
加太軽便鉄道に対し鉄道免許状下付(北島-加太)
明治45年(1912)06月
加太軽便鉄道が和歌山口(北島)−加太駅間を開業
大正03年(1914)09月
和歌山口駅(初代)を移転して北島駅に改称 紀ノ川橋梁が完成 和歌山口−北島駅間開業
昭和05年(1930)12月
和歌山口 - 加太間が電化 東松江駅・西ノ庄駅開業・12月 加太電気鉄道に社名変更
昭和17年(1942)02月
南海鉄道に合併 加太線となる 和歌山口駅を和歌山市駅に統合

● 南海鉄道−南海電気鉄道
昭和19年(1944)06月
関西急行鉄道と合併し近畿日本鉄道となる・10月 松江線として紀ノ川−東松江駅間が開業
昭和22年(1947)06月
旧・南海鉄道の路線が南海電気鉄道に分離譲渡
昭和24年(1949)10月
松江線が電化
昭和25年(1950)07月
運行を松江線経由に変更・9月 台風で紀ノ川橋梁が破損 和歌山市−北島間不通となる
昭和28年(1953)
和歌山市−北島間が休止
昭和30年(1955)02月
和歌山市−北島駅間が廃止 紀ノ川−加太間を加太支線 北島−東松江間を北島支線に変更
昭和41年(1966)12月
北島支線を廃止
昭和59年(1984)02月
南海電鉄最後となった加太支線の貨物営業が廃止

南海加太線の古い木造駅舎