芸備線

● 起点:伯備線備中神代駅 終点駅:山陽本線広島駅 総延長距離:159.1km 駅数:44(起終点駅含む)
● 駅名:備中神代−坂根−市岡−矢神−野馳−東城−備後八幡−内名−小奴可−道後山−備後落合−比婆山−
     備後西城−平子−高−備後庄原−備後三日市−七塚−山ノ内−下和知−塩町−神杉−八次−三次−
     西三次−志和地−上川立−甲立−吉田口−向原−井原市−志和口−上三田−中三田−白木山−
     狩留家−上深川−中深川−下深川−玖村−安芸矢口−戸坂−矢賀−広島

歴史
国鉄芸備線の前身となる私営の芸備鉄道が 東広島−志和地間を開業したのは大正4年(1915)4月28日である
開業年の6月1日には 三次駅(現・西三次)まで延伸されており この記事を書いた平成27年(2015)は
奇しくも芸備鉄道開通100周年となった 大正12年(1923)12月8日には備後庄原駅まで延伸開業している
その後鉄道省により 備後庄原−備後落合駅間は庄原線として 小奴可−備中神代駅間は三神線として建設され
広島−備中神代駅間が全通したのは 昭和11年(1936)で 翌年には芸備鉄道全線の国有化が完了している

芸備鉄道の蒸気機関車
開業に際し準備された初代1〜3号機は 陸軍鉄道隊が清国の新民−奉天間に敷設した600mm軌間の鉄道を
日露戦争後に1067mmに改軌し奉新鉄道となった路線で活用され 明治40年(1907)に同鉄道が
清国政府に譲渡されるに伴い3両の機関車も清国に移管された その後 奉新線は標準軌に再改軌され
不要となった3両の機関車は 貿易会社原田洋行(原田光次郎)に買い取られ本国に送られた
長らく関西本線の湊町駅構内に放置されていたが 芸備鉄道が開業に当たり購入することとなった
img
芸備鉄道開業当時に購入したB6タンク機関車 芸備鉄道1〜3号機
明治37年(1904)独国・ハノマーク社製 後の鉄道院2400形(2472-2474)
しかしながら軸重が大きく芸備鉄道では持て余され 大正3年(1914)に1B1形タンク機関車4両と
交換する形で鉄道院籍となり 2400形(2472−2474)となった 交換譲受された4両のタンク機は
2・3号機 1904年 独国・クラウス製 旧房総鉄道8・9号の480形(その後は再国有化を経て船木鉄道へ譲渡)
4・5号機 1903年 汽車会社製 旧参宮鉄道7・8号の800形(その後は高知鉄道と磐城セメントへ譲渡)である
img
2・3号機 1904年 独国・クラウス社製
旧房総鉄道9号機 国鉄480形480・481号機
img
1号機(2代目) 1900年 英国・ナスミス・ウィルソン社製
旧南海鉄道21号機 国鉄1360形1360号機
img
6号機 1904年 汽車製造合資会社製
旧南海鉄道21号機 国鉄810形810号機
img
7号機 1919年 米国・ボールドウィン社製 芸備鉄道が購入
その後 1923年に川崎造船所製の2両(8・ 9号機)
1925年に日本車輌製造製の2両(10・ 11号機)の計4両の模倣機を購入している
国有化後 7−11号機全てが国鉄2920形(2920−2924)として登録された

●芸備鉄道
明治44年(1911)03月
広島−三次間の鉄道免許状が下付される
大正04年(1915)04月
東広島−志和地駅間を開業 開業駅:東広島・矢口・下深川・狩留家・中三田・志和口
大正04年(1915)04月
                 井原市・向原・吉田口・甲立・川立・志和地
大正04年(1915)06月
志和地−三次駅間を延伸開業 三次駅(現・西三次駅)開業
大正05年(1916)04月
戸坂・玖村・粟屋停留場を開業
大正09年(1920)07月
広島駅−東広島駅間を貨物線として開業する 国鉄広島駅に貨物列車乗り入れ開始
大正11年(1922)06月
三次−塩町駅間を延伸開業 八次駅・塩町駅開業 粟屋停留場が廃止
大正12年(1923)12月
塩町−備後庄原駅間を開業 中深川仮停留場・和田村駅・七塚駅・備後庄原駅開業
大正13年(1924)09月
山ノ内駅が開業 中深川仮停留場を中深川駅に変更
大正14年(1925)02月
和田村駅が下和知駅に改称
大正15年(1926)01月
東広島−広島駅間の旅客営業を開始 東広島駅の旅客営業が廃止され貨物駅になる
昭和04年(1929)03月
矢賀停留場・中山停留場・上深川停留場が開業 ガソリンカー導入
昭和05年(1930)01月
白木山口停留場・弥谷停留場・三田吉永駅・十日市駅(備後十日市→三次)開業
昭和05年(1930)04月
木戸・田幸・石ヶ原・小田・長田・戸島・下原の各停留場及び三日市駅を開業
昭和06年(1931)07月
青河停留場開業
昭和08年(1933)05月
ディーゼルカー導入
昭和08年(1933)06月
十日市−備後庄原駅間が国有化され国鉄庄原線となる
昭和12年(1937)06月
広島−備後十日市駅間の国有化に伴い鉄道旅客運輸営業廃止 6/30

●国鉄庄原線(備後落合駅−備後十日市駅)
昭和08年(1933)06月
十日市−備後庄原駅間が国有化され国鉄庄原線となる
昭和08年(1953)06月
十日市駅が備後十日市駅に 木戸駅が備後木戸駅に 三日市駅が備後三日市駅に改称
昭和36年(1961)10月
福永臨時停留場を開業
昭和09年(1934)01月
塩町駅を神杉駅に 田幸駅を塩町駅に改称
昭和09年(1934)03月
備後庄原駅−備後西城駅間を延伸開業 備後木戸・下原駅廃止 高駅・備後西城駅を開業
昭和10年(1935)12月
備後西城駅−備後落合駅間を延伸開業 備後熊野駅(現・比婆山駅)・備後落合駅を開業

●国鉄三神線(備中神代駅−備後落合駅)
昭和05年(1930)02月
備中神代−矢神駅間を開業 坂根駅・矢神駅を開業
昭和05年(1930)11月
矢神−東城駅間を延伸開業 野馳駅・東城駅を開業。
昭和10年(1935)06月
東城−小奴可駅間を延伸開業 備後八幡駅・小奴可駅を開業
昭和11年(1936)10月
小奴可−備後落合駅間を延伸開業 庄原線を編入
昭和11年(1936)11月
道後山駅を開業

●国鉄芸備線(備中神代駅−広島駅)
平成12年(1937)07月
芸備鉄道・広島−備後十日市間を国有化 三神線を編入し芸備線となる 7/1
以降の年表省略

● 芸備線の古い木造駅舎