大分県九重町右田(ミギタ)甘川水(アマガセ)  右田井路通水橋

右田井路通水橋
右田井路は 当初舟来(フナコ)井手と呼ばれ 南部を東西に流れる野上川から取水する
水路延長13.951km 受益面積は71.3haの農業用水路である
舟来井手は 明治3年(1870)酒造業を営む 麻生東江と嫡男豊助により工事が始められた
しかし公的資金を得ることが出来ず 地元から資金を募り工事を開始したが
硬い岩盤に阻まれ 隧道堀削が50ヶ所を越える難工事であった
明治6年(1873)一部通水したが 水量が予想を大きく下回り失敗であった
工事は中断され 東江は借財返済に追われ 本業の酒造業は廃業となってしまう
その後東江は 明治13年(1880)15歳になった日田草野家の五男・観八を養子に迎え入れる
観八は 酒造業を営む草野家の五男として生まれたが 米相場で失敗して家は倒産
家業の再興を願い 玖珠の造り酒屋で修行に励む 観八の姿に目をつけたのが東江であった
以来 舟来井手の開発に失敗し没落した麻生家を再興すべく
観八は明治18年(1885)に酒造免許を獲得 杜氏仲間・鹿太郎と酒造りに没頭し
二人の名前から銘々した清酒「八鹿」の生産を開始する 家業であった酒造業を見事麻生家で
果たした観八に 東江は自ら成し遂げられなかった井手の完成を託すのである
観八は満を持して 明治30年(1897)に工事を再開 10年の時を経て
明治40年(1907)水路はついに完成する