宮崎県高千穂町五ヶ所  刈干し切り

刈干し切り とうび
宮崎民謡「刈干し切り唄」で有名になった「刈干し」とは高原に生えるススキのこと
ススキは冬の間に牛馬の餌として欠かせないもの その他屋根葺きの材料
炭俵の材料として活躍した 今は唯一家畜の餌として刈られる
近年はトラクターで刈り取りロールにして保管という方法がとられるが
以前は大鎌で刈り取り束ねて乾燥する方法が一般的だった
束ねたものを「とうび」という カヤ場の刈取り作業唄が「刈干し切り唄」で
冬を迎える農家の 欠かせない作業であった