福岡県福岡市博多区  板付遺跡

板付遺跡
板付遺跡
旧石器時代から弥生まで続く板付遺跡には 佐賀県唐津市の菜畑遺跡と共に最古の水稲耕作跡がある
また 福岡県粕屋町の江辻遺跡に次ぐ日本でも最初期の環濠集落でもある 昭和25年(1950)在野の
考古学研究者である中原志外顕氏が 縄文晩期の夜臼式土器と弥生前期の板付式土器を同時に採集し
最古の弥生時代の遺跡である可能性が浮上した その後4年間にわたり行われた発掘調査で 断面V字形の
環濠や貯蔵穴及び竪穴住居などが発掘され 板付式土器などと共に石包丁などの大陸系磨製石器が出土し
日本最古の環濠集落であることが確実となった また 炭化米や籾圧痕の付いた土器などが出土したことで
稲作農耕の存在が確認された 昭和45年(1970)以降は 板付団地の建設工事に伴い福岡市教育委員会による
発掘調査が行われ 昭和51年(1976)に国の史跡に指定された 昭和53年(1978)には
弥生前期の地層より下の縄文晩期末の地層から 大区画の水田跡と木製農機具・石包丁なども出土し
用水路に設けられた井堰などの灌漑施設が確認された 水田の一区画は推定約400平方メートルで
イネの花粉分析から畑作による陸稲栽培も推定された
このことから 水稲による稲作が旧来の説による弥生時代初頭よりも溯ることが明らかとなった
ジャポニカ種のイネについて
イネ科イネ属の植物は現在22種が確認されており 内2種のアジアイネとアフリカイネが栽培種で
残る20種が野生イネである アフリカイネは 現在西アフリカで局地的に栽培されているに過ぎず
通常は世界的に広まっているアジアイネを指して 狭義的に「栽培イネ」としている
アジアイネにもまた 比較的耐冷性の高いジャポニカ種と耐冷性の低いインディカ種の2系統の種が存在し
この2種の交配雑種の中間的品種も多く存在する またジャポニカ種にも温帯型と熱帯型がある
日本国内にはイネの祖先となるべき野生種が存在した痕跡が無く 日本国外で栽培種となったイネと
その栽培技術が 栽培する集団の移動により日本へ伝わったと考えられている
その他 イネは亜種や近隣種が多く存在し 予期せぬ雑種交配が起きてしまうことがある
日本の農家では 畦を含む耕作地周辺の草刈りを頻繁に行うことで これを防止している
稲作の伝来
日本と中国・朝鮮で栽培される温帯ジャポニカ種には DNA解析による遺伝子配列でRM1-a〜hまで8種類の
型があり 中国には全ての型が存在する その内<RM1-b>が最も多く <RM1-a>がそれに続く
朝鮮半島には<RM1-b>を除く7種が存在する 日本には<RM1-a>・<RM1-b>・<RM1-c>の
3種があり その内<RM1-b>が最も多く また稲作が最初に伝来したとされる西日本を中心に発見されている
その他 日本の温帯ジャポニカ種は 他の地域に比べ多様性を喪失している
これは渡来したイネが極少数であったことを表し 一握りの籾を携え丸木舟でやって来た人たちを
想像することが出来る 岡山県彦崎貝塚遺跡にある縄文時代前期(約6000年前)の地層から稲の
プラントオパールが大量に見つかり 焼畑耕作による稲の栽培が確認されていることから 陸稲の伝来は
縄文早期の可能性が高い この縄文期のイネは熱帯ジャポニカである 一方 温帯ジャポニカ種による
水稲栽培は約7000〜8000年前に揚子江中・下流域に始まり 九州北部へは約3000年前に伝わったとされる
DNA解析からも解るように 朝鮮半島を経ず揚子江下流域から 直接九州北部に人とともに伝来したと思われる
水稲作の伝来は画期的なものである 縄文期の人口推移は気候の変動に左右され 縄文晩期には推定で
8万人程度まで減少したと思われるが 水稲栽培が始まる弥生期以降の人口は 戦国時代を除き増加の
一途を辿っている これは一粒万倍とも言われる「米」のおかげかも知れない
img
水稲耕作地跡
imgimg
灌漑施設
環濠集落ジオラマ
imgimg
全体図
集落跡入り口
imgimg
環濠
竪穴式住居
imgimg
住居骨組み
竪穴