大分県九重町田野  久住飯田高原

久住飯田高原
千町無田開拓の歴史は明治22年(1889)に起きた筑後川の大洪水で
土地を流された筑後平野の人々から始まります
彼らの先頭に立って千町無田への移住と開拓を持ちかけたのが 元・久留米藩士の青木牛之助です
大水害から5年後にようやく開拓の許可が出て 10年かかって開拓しました
飯田高原は 九州酪農のメッカであると同時に阿蘇を含めた一大観光地です