福岡県うきは市吉井町福益(フクマス)  延寿寺曽根とハゼ並木

延寿寺曽根とハゼ並木
延寿寺曽根(えんじゅじそね)とハゼ並木について 吉井町の案内掲示板には下記の記述(編集)がある
曽根とは坂のある長い堤防道のことで 延寿寺曽根は谷山に水源を持った延寿寺川に沿っており
昔の星野道として 唯一の山越えのたいせつな役目を果たしていた
延寿寺曽根の構築は大宰府の水城と同一手法により築かれたもので 耳納山麓下では最大のものである
大化の改新(645年)に行われた 条里制(班田法)の口分田への配水に開発されたもので
ハゼ並木は 三百年来この地方特産の木蝋生産の原木として 江戸中期以降昭和初期に至るまで
生産販売による経済活動を支えてきた 吉井銀(よしいがね)と呼ばれる資本金を産み続け
吉井町の白壁を連ねる重厚なたたずまいを形成することとなる
古代の延寿寺曽根と近代のハゼ並木は 共に先人の文化遺産である