2007.3.27  靖国の心 日本の心 (1)

靖国神社公式ホームページによればその創立は下記のようである

靖国神社は、明治2年(1869)に明治天皇の思し召しによって、
戊辰戦争(徳川幕府が倒れ、明治の新時代に生まれ変わる時に起った内戦)で
斃(たお)れた人達を祀るために創建された。
初め、東京招魂社と呼ばれたが、明治12年に靖国神社と改称されて今日に至っている。
後に嘉永6年(1853)アメリカの海将ペリーが軍艦4隻を引き連れ、浦賀に来航した時からの、
国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀り、明治10年の西南戦争後は、
外国との戦争で日本の国を守るために、斃れた人達を祀ることになった神社である。
img
以下各戦乱戦争における合祀者の数
年代と戦争説明は筆者注釈 事変とは宣戦布告なしの小競り合いから続く戦闘を表す

1868〜1869 明治維新 7.751  
1877 西南戦争 6.971  
1894〜1895 日清戦争 13.619  
1874 台湾征討 1.130  西郷従道を台湾蛮地事務都督に任命、台湾遠征軍の派遣を実施
1900〜1901 北清事変 1.256  義和団事件を発端とした清国と欧米列強の戦争 日本も参戦干渉
1904〜1905 日露戦争 88.429  
1914〜1918 第一次大戦 4.850  日英同盟により イギリス政府から要請されて連合国側として参戦
1928 済南事変 185  日本人居留民の保護にあった軍と蒋介石の北伐軍との戦闘
1931〜1933 満州事変 17.176  満州における大日本帝国陸軍の軍事行動に端を発する国家間紛争
1937〜1945 支那事変 191.250  盧溝橋事件に端を発する対中国戦争
1941〜1945 大東亜戦争 2.133.915  真珠湾攻撃に始まる対米英戦争
  合計 2.466.532  

合祀された英霊は日本国軍人(一部軍属)である
明治維新における官軍幕軍とも死者数は不明である また明治維新前の勤王派左幕派の犠牲者もその数は不明である
しかし西南の役による死者数は官軍死者数6.403名 薩軍死者数は6.765名とされ合わせて13.168名となるが
西南戦争の合祀者は6.971人となっており 上記官軍死者数と568人の差があるとはいえ
薩軍の兵士は反逆者として靖国の御霊とはなってはいないのは確かである 西郷隆盛が合祀されているかどうかは
不明だが 西郷隆盛以下薩軍が倒幕維新に果たした 明確な行動が一切評価されていないことになる
又 対中戦争から第二次世界大戦における帝国陸海軍兵士以外の 補給船団の船員や
空襲で命を落とした国民は戦没者としては 決して靖国の御霊となることもなく今日に至る

Next