2006.6.16  猫の死

img
我が家には 5匹の猫がいて 先日外で飼っていた一匹が逝った 死因は悪性の腫瘍だと思われる
2週間ほど餌を食べず 死に場所を捜すようにしていたが 最初から飼っていた場所にケージを作ってやると
深夜その中で静かに逝ったようである 田舎に来て二匹目の猫の死を看取った事になる

動物は本能的に自分の死を感じる事は出来るとは思うが 自分が「いつかは死ぬ」と言う事は考えない
ここが人間とその他の動物と違うところだと私は考える
我々の祖先は木から下り立ち 大地を直立歩行をすることで頭蓋骨の容量が拡大し
脳が肥大化し前頭葉を得て 知能と感情を得たことは周知の通りである

「ヒト」は成長につれある程度の知能を獲得し 人や動物の死を看取ることで 生命に限りあることを自覚するに至る
この死に対する自覚と覚悟が「ヒト」が「人」である根本だと私は思っている

我々「人」が持つ時間という概念は 限りある命から生まれてきたものだと思えてならない
そしてその事が人間社会の文化文明を生む原動力ではないかとも私は考える

人が自分の命に限りが有ることで「時間」と言う概念が生まれ 人間的本能までそれを昇華させてきたといえる
「限られた時間」内に如何に多くの可能性を生むか また死を恐れ延命を願い 死を忘れたいと思う時
そこに文明が育まれ 文化が生まれるのではないだろうか

とにかく「ヒト」は急ぐ 特に現代人は忙しく駆け回る
映画[E・T]に登場する他星人のように400年ほどの生命を与えられたら
もう少しのんびり暮らせるのだろうか