2016.12.23−27  鉄輪へ湯治

img
往時に由布岳の樹氷を見る 2016.12.23 12:04 由布院の気温は5.9度 山頂の気温予想氷点下5度

2016.12.25 豊後国一宮・柞原八幡宮(ゆすはらはちまんぐう)
 鎌倉時代の由来記による創建年は承和3年(836)とあり 宇佐八幡宮の豊後国における分祀社である
以後 宇佐八幡宮の別宮として崇敬を受け 長徳4年(998)からは宇佐八幡と同様に33年毎の式年遷宮が行われ
最後の式年遷宮は 江戸時代末の嘉永2〜3年頃とされている
平安時代の終わり頃から 衰退した西寒多神社(ささむたじんじゃ)に代わり豊後国一宮を称するようになったが
以前より豊後一宮を称する西寒多神社との間で「一宮論争」が存在し未だに決着を見ていない
平安時代中期に編纂された『延喜式』神名帳では 西寒多神社が豊後国では唯一の大社に列し
豊後国一宮として崇敬されていたとされ 明治以降も西寒多神社が国幣中社に列格している
柞原八幡宮を豊後国一宮と称したものは 平安時代中期・久安元年(1145)に作成された『宮師僧院清解』と
平安時代中期末の嘉応3年(1171)の『宮師僧定清解』に記されてはいるが 共に同じ内容で
一宮を称する柞原八幡宮から出された文書であるとみられている 中世以降は両宮ともに
大友氏を始めとする歴代領主の崇敬と庇護を受けている  
「柞原」の名は明治以降からで それ以前は由原宮・八幡由原宮・賀来社などと呼ばれていた
img
大分市大字八幡 参道下の広場
img
石造の手水舎
img
南大門と赤鳥居
img
国指定天然記念物 クスノキ  指定年月日大正11年3月8日
胸高の樹幹囲18.5m 樹高約30mの自生のクスノキ 幹の中は大きな空洞になっており
樹齢三千年ともいわれています 大分地方に人類文化が栄える以前 この地域の丘陵地は
イチイガシやクスノキの原生林におおわれていたことの証です
柞原八幡宮の森  市指定 平成2年9月12日 面積約13.34ヘクタール
九州東部の気候に適応し安定期(極相)に達した森林であって コジイークロキ群集とイチイガシ群集とから
構成されています 高木層はコジイ・イチイガシ・クスノキ・イスノキ
亜高木層はヤマビワ・ミミズバイ・ヤブツバキ・クロキなどの優先度が高く 大分地方に人類文化が栄える以前の
自然の姿をとどめ 多様な動物も温存している学術的に貴重な森林です
img
南大門の唐破風屋根の扁額には「由原八幡宮」
img
棟札により南大門は明治3年(1970)の建立とされるが 一部に慶応2年の表記もある
imgimg
「維持 慶応二年 丙寅九月吉祥日」とある
玉龍の彫刻
img
像と獅子 唐破風の木鼻彫刻
img
勅使道から見た南大門
img
楼門(勅使門) 棟札により宝暦9年(1759)の上棟 翌年竣工と解る
img
勅使が登る石段は非常に急である
img
八幡造の本殿 嘉永3年(1850)上棟 翌年竣工 手前の申殿は宝暦2年(1752)頃の建立
拝殿は宝暦9年(1759)頃の建立
img
回廊 寛政10年(1757)建立
imgimg
靴を脱ぎ回廊から拝礼する
現在では珍しいと思われる
img
img
<上>回廊から拝礼する
<左>ほるとのき
大友時代にポルトガル人が植えたとされる
大分市の名木に指定
樹高:25m
幹周:4.80m 樹齢:400年
<下>境内配置図
img
img
田ノ浦公園 田ノ浦ビーチ
img
ハワイではない ここは冬の大分市大字神崎
img
田ノ浦レストハウス 利用自由
img
広いウッドデッキ
img
鉄輪蒸し工房
img
別府鉄輪の風景
TOP