2016.04.07-12 なばなの里と伊勢志摩 車中泊の旅

三重県桑名市の「なばなの里」にチューリップを見に行く目的で 天気を見計らい出発
車中泊の旅なので その辺りは臨機応変に フェリーのネット予約はぎりぎりでも可能
「なばなの里」から県境を越えて名古屋に入り 知多半島の常滑と半田の町を散策後 蒲郡から伊良湖へ
伊勢湾をフェリーで渡って伊勢神宮へ詣で 少し伊勢本街道を通り 奈良から山陽国道を経
姫路で旧友との再会も果たして九州の自宅まで帰る 寄り道の多い5泊6日の旅である

1日目:自宅 13:00−新門司港 16:00−<阪九フェリー船中泊>
2日目:泉大津港 6:00−西名阪・東名阪国道−加太駅−関宿−亀山宿−なばなの里 16:10〜20:10−
尾張温泉−デンパーク安城(車中泊)
3日目:デンパーク安城−常滑陶磁器会館 9:30<常滑散歩>12:00−半田 12:50<半田町散歩>14:40−
蒲郡 15:50<20分滞在>−伊良湖岬 18:15 伊良湖クリスタルポルト(車中泊)
4日目:<伊良湖岬散歩>伊良湖岬 18:15<伊勢湾フェリー>鳥羽 9:05−二見浦 9:30〜9:50−
伊勢神宮・外宮 10:30<古市参宮街道散歩>内宮 13:30〜14:00−外宮−伊勢志摩スカイライン−
大王崎 17:10−英虞湾登茂山展望所 18:00−伊勢自動車道多気PA(車中泊)
5日目:多気PA−仁柿峠 9:00−道の駅美杉 9:20−<伊勢本街道>−奥津−桜井−田原本町−王寺−壱分IC−
姫路−道の駅みはら神明の里 20:30(車中泊)
6日目:みはら神明の里 6:00−下関ゆめタウン 12:50−自宅 16:30

2016.04.10 外宮から内宮へ 弥次さん喜多さんの道「古市参宮街道」を歩く

外宮前観光案内所で参宮街道マップを貰って出発 距離は約6km弱・所要3時間の道程である
img  img
修道まちづくり会発行のガイドマップ <クリックで拡大>
imgimg
外宮
マリア保育園角
imgimg
祖霊社の両宮永代常夜灯
近鉄鳥羽線
imgimg
小田の橋掲示板
小田の橋 西詰

小田橋の掲示板内容 <裏面は東海道中膝栗毛の解説 →>
勢田川のこの辺りは、昔「御贄川(おんべがわ)」と呼ばれた時代があった 御贄とは神様にたてまつる
御供物のことで、神宮の御饌(御供物)をここを通って運んだからである 小田の橋はこの川に古くから
架かっていた そして 江戸時代になると多くの文書にその名が書かれている それは、この橋が
外宮と内宮をむすぶ参宮街道にあってよく知られた橋だからである
この橋を渡って向こうに見える尾上坂を上り 日本の五大遊里の一つ古市(間の山)を経て内宮へ至る道は
嘗て お伊勢参りの人々が辿った歴史的な道で 往時の賑わいが偲ばれるところである
また その当時内宮・外宮の御遷宮用材がこの橋詰めに着き 両宮への御木曳きがここから行われた
新しい小田の橋は 勢田川の改修に伴い昭和63年3月に造替され 橋長33.2m 橋幅7.2m
欄干を飾る擬宝珠は 嘗て 徳川三代将軍家光の乳母である春日の局が寄進したという故事に倣い作られた
img
伊勢参宮名所図会 御贄川(勢田川) 小田の橋
伊勢参宮名所図会は 寛政9年(1797)に刊行された図会 著者は不詳であるが挿絵は大坂の浮世絵師
蔀関月(しとみかんげつ)の手によるものである 京都三条及び桑名の渡しから内宮までの名所を描く
imgimg
小田の橋 東詰の案内
小田橋の上流・簀子橋の道標(移設)
imgimg
簀子橋の道標 所在伊勢市尾上町
簀子橋は小田橋とともに 勢田川の上流にかかる代表的な橋の一つであった 寛永20年(1643)の
古地図にも描かれ 橋名の由来は 竹を編んだ簀子の上に土を置いた橋の形態からつけられたとされる
 道標の元位置は 橋の東詰で 次の文字が刻まれている(「すぐ」は直進の意味である)
(西面)右御さんぐう 妙見町/古市 道   (南面)すぐ二見 川崎神やしろ/左り みや川 道
(東面)弘化四丁未年(1847)/九月吉日再建  催主 隠岡 永昌社中
(北面)すぐ御さんくう道 妙見町(尾上町)    伊勢市教育委員会
img
妙見町 古民家の珈琲ショップ「野の亀蔵」とバー「de Horreo」
imgimg
自然木の看板に「古民家テナント」
古民家テナント
imgimg
伊勢古市参宮街道
江戸時代中期の小田橋から常明寺門前町(倭町)付近の図 (文化12年(1815)伊勢山田之図)
img 「伊勢にいきたい伊勢路がみたい せめて一生に一度でも」と道中伊勢音頭にうたわれたように
江戸時代の伊勢参りは 幕府公認の旅で庶民の夢であった 全国の津々浦々から胸躍らせて伊勢参りに向かう
人々の群れは 慶安3年 (1650)・宝永2年(1705)・明和8年(1771)・文政13年(1830)・慶鷹3年(1867)の
「おかげ参り」に全盛期を迎え  多い時には半年間に約458万人の参拝者があったと記録に残されている
外宮から内宮へ向かう古市街道は伊勢参りと共に繁栄し 現在でもこの古市街道周辺には お紺の墓のある大林寺
千姫の菩提寺であり画僧月倦が住職であった寂照寺 天細女命(あめのうずめ のみこと)を祭神とする長峯神社や
桜木地蔵など 往時を偲ばせる名所旧跡が残されている
imgimg
尾部坂は「間の山」と呼ばれた
imgimg
間の山 お杉お玉の碑
伊勢参宮道では注連縄を年中飾る

伊勢参宮名所図会に描かれる お杉とお玉
img
江戸時代 間の山(尾部坂)の道端には大道芸人が多く出て賑わっていた 中でもお杉とお玉の両名は
三味線に合わせて唄いながら客の投銭を上手く躱すことで知られ 東海道中膝栗毛の一節にも登場する
imgimg
古市屈指の妓楼・備前屋(牛車楼)跡
妓楼・油屋跡 近鉄鳥羽線跨線橋北詰
imgimg
長峰神社の主祭神は天鈿女命(アメノウズメノミコト)である 長峰とは文字通り長く続く峰
即ち外宮と内宮の間に横たわるこの古市丘陵の地形に由来している 祭神の天細女命は 天岩戸の前で
舞をまったとされる女神で 伊勢音頭の遊女や古市歌舞伎の役者の祖神として祀られてきた

麻吉旅館に寄る
麻吉旅館は崖山に建つ五層六階の建築で 幕末の嘉永4年(1851)に建てられ古市で唯一残る旅館となった
imgimg img
麻吉旅館前の道標 左 あさま/二見へ ちか道(あさまとは朝熊山金剛証寺)右面:此おく つつらいし
つづら石は 「伊勢参宮名所図会」によれば 「高さ八尺余、横二丈許、石重なりてつづらの形に似たり、
今は注連を引て小社とす、此傍に観音堂あり、是を大岩の観音といふ、春は桜多く咲て騒客遊宴の地とす」とあり
元は小高い山の上にあったが 宅地造成や伊勢自動車道の工事により麻吉旅館の下に移設された
移転に伴い大きさも縮小されて 現在は浅香稲荷が祀られている
img img
麻吉旅館
本館・土蔵・聚遠楼・名月・雪香之間・前蔵が国登録有形文化財に指定 現在も営業中
創業年は不明だが 天明2年(1782)の『古市町並図』に記載されている もとは「花月楼 麻吉」という茶屋で
明治時代は県下でも珍しい三層楼の建物として知られ 伊勢音頭の舞台を持ち 芸姑も常時30人程を抱える
県下第一級の大料理店だった 現在 中心となる建物が5棟あり 様式としては懸崖造りで最上層まで6層に及ぶ
麻吉は 嘗ての古市の華やかさを偲ぶ事ができる 唯一の存在となった
img
伊勢参宮名所図会 古市
古市には 江戸の吉原・京の島原と並ぶ三大遊廓があり 全盛期には妓楼70軒・遊女1,000人を数えた
特に油屋・備前屋・杉本屋は古市の三大妓楼として有名であった 寛政8年(1796) に 油屋で起きた
医師・孫福斎による 遊女お紺をはじめとする殺傷事件(古市十人切り)は 後に近松徳三により
『伊勢音頭恋寝刃』という歌舞伎になり 現代でも演じられている
当地で行われた伊勢歌舞伎は 江戸と上方の中間にあり かつての松本幸四郎や尾上菊五郎らも来勢するほど
役者の登竜門として有名であった また 千束屋(ちづかや)は『東海道中膝栗毛』にも登場する
有名な妓楼であったが 後に歌舞伎用の貸衣装屋となり伊勢歌舞伎を支えた
麻吉旅館の他 昭和40年代まで存在した大安旅館なども古市を代表する旅館であった
imgimg
寂照寺 家康の孫「千姫」の菩提寺 延宝5年建立
寂照寺前の掲示板に参宮道旧旅館写真
imgimg
伊勢古市参宮街道資料館
道標 月よみの宮さんけい道
imgimg
江戸南町奉行へと出世した大岡越前守忠相がお参り
していたことから 出世地蔵として信仰されている
両宮常夜灯 奉献は東京神田旭町・富樫文治
大正3年2月27日に建立 管理者は油屋旅館
imgimg
牛谷坂
黒門橋北詰めにある宇治惣門跡の碑
imgimg
黒門橋を渡ると猿田彦神社
内宮参道の「おはらい通り」
imgimg
五十鈴塾 左王舎 <Link↗>
菊の御紋と鯱の棟瓦
img
桜に誘われ 五十鈴川の川辺りへ
img
「おかげ横丁」正面入口あたりは人がいっぱい

宇治橋を渡ると内宮の境内
img
伊勢参宮名所図会に描かれた宇治橋 東海道中膝栗毛の一節に
・・・・・・・・・三人は更にに歩いていって、
「で、この橋は宇治橋というのか。」と、弥次郎兵衛が、上方者に問いかけると、
「さよじゃ。あれ、見さんせ。網で金をうけている。」というのでそのほうを喜多八がみると、
竹の先に網をつけて人がなげる金をうけとめている。上方者が、「弥次さん、小銭があらば、ちと貸しさんせ。」
と、弥次郎兵衛から金を借りると、さっさっと放りなげる。下にいる連中は、それをすべて見事に受け止める。
「えろうおもしろいな。よう受けくさる。もちっと放ってこまそかい。これ、北八さん。お前もちと貸しさんせ。」
と、今度は、喜多八から金を借りると、さっさっと放りなげる。・・・・・・・・・・
img
今は小銭を投げる者も これを拾う者もいない 江戸時代は大らかだったのかも知れない
imgimg
五十鈴川の禊場
内宮・正宮
<PREV・蒲郡伊勢志摩>  TOP  <NEXT・伊勢本街道>
<関西中部の旅・INDEX>