2016.04.07-12 なばなの里と伊勢志摩 車中泊の旅

三重県桑名市の「なばなの里」にチューリップを見に行く目的で 天気を見計らい出発
車中泊の旅なので その辺りは臨機応変に フェリーのネット予約はぎりぎりでも可能
「なばなの里」から県境を越えて名古屋に入り 知多半島の常滑と半田の町を散策後 蒲郡から伊良湖へ
伊勢湾をフェリーで渡って伊勢神宮へ詣で 少し伊勢本街道を通り 奈良から山陽国道を経
姫路で旧友との再会も果たして九州の自宅まで帰る 寄り道の多い5泊6日の旅である

1日目:自宅 13:00−新門司港 16:00−<阪九フェリー船中泊>
2日目:泉大津港 6:00−西名阪・東名阪国道−加太駅−関宿−亀山宿−なばなの里 16:10〜20:10−
尾張温泉−デンパーク安城(車中泊)
3日目:デンパーク安城−常滑陶磁器会館 9:30<常滑散歩>12:00−半田 12:50<半田町散歩>14:40−
蒲郡 15:50<20分滞在>−伊良湖岬 18:15 伊良湖クリスタルポルト(車中泊)
4日目:<伊良湖岬散歩>伊良湖岬 18:15<伊勢湾フェリー>鳥羽 9:05−二見浦 9:30〜9:50−
伊勢神宮・外宮 10:30<古市参宮街道散歩>内宮 13:30〜14:00−外宮−伊勢志摩スカイライン−
大王崎 17:10−英虞湾登茂山展望所 18:00−伊勢自動車道多気PA(車中泊)
5日目:多気PA−仁柿峠 9:00−道の駅美杉 9:20−<伊勢本街道>−奥津−桜井−田原本町−王寺−壱分IC−
姫路−道の駅みはら神明の里 20:30(車中泊)
6日目:みはら神明の里 6:00−下関ゆめタウン 12:50−自宅 16:30

2016.04.09 半田まち散歩

半田は知多半島の中央部にあり 知多半島の行政・経済の中心となる街で
江戸時代から醸造や繊維など 海運を活かした商業や製造業を中心に発展してきた歴史がある
江戸時代中期から始まった清酒の醸造が発展し 主に江戸への出荷が急増した
文化年間に ミツカン酢の創業者・初代中埜又左衛門が 廃棄される酒粕を原料に酢づくりを始め
酢飯の材料として 江戸で流行っていた屋台の立ち食い寿司に取り入れられ成功した
江戸時代の半田は 尾張藩領であったが 廃藩置県を経て明治5年に愛知県が発足し知多郡半田村となった
明治22年に町制施行して半田町となり 昭和12年に亀崎町・成岩町と合併し半田市となり現在に至る
imgimg
上半田秋葉山 北講の由来
この秋葉山は防火の神・正一位秋葉神社(静岡県天竜川上流)をお祀りしています。
天保7年(1836)に第1回の代参記録が現存します。この道は江戸時代、半田港が開かれるまで千石船の出入りする
大野港と下半田を結ぶ紺屋街道として、にぎわった道です。
明和3年(1766)の正月20日、漁村亀崎村の未亡人・お島のわらぶき家から出火し、村の主要部を焼き尽くす
大火となりました。この火事により上半田の住民に強い防火意識が芽生えました。
ところが、しばらくの間、冷害による農作不況が続き、文化・文政年 間(1804〜30)になって、
ようやく豊作となり、住民も経済的余裕が生まれてきました。そこで、この地域住民らは、浄財を出し合い、
4カ所に萩葉山の祠を建てました。天保7年 (1836)以来現在も、代参を続けています。
img
西山浄土宗 光明山 摂取院と背後の「イブキの大木」
imgimg
天然記念物「イブキ」
樹齢300年 樹高15m 幹周り3.75m
img
半田赤レンガ建物(国道の陸橋から撮影)
明治31年(1898)にカブトビールの製造工場として建てられた日本屈指のレンガ建造物である
明治20年(1887)に中埜酢店の4代目中埜又左衛門と その甥で後に敷島製パンの創業者となる盛田善平によって
設立された丸三麦酒醸造所・後の丸三麦酒株式会社が建設したビール工場で 同時に銘柄も 「丸三ビール」から
「カブトビール(加武登麦酒)」に改められている 明治33年(1900)のパリ万国博覧会では金牌を受賞し
東海地方では最大のシェアを誇ったが 明治39年(1906)経営立て直しの為 資本家根津嘉一郎へ経営権を譲渡し
日本第一麦酒株式会社となった 明治41年に加富登麦酒株式会社へ改称 大正11年に帝国鉱泉(株)
日本製壜(株)を合併して 日本麦酒鉱泉株式会社に改称 昭和8年には最大手の大日本麦酒(株)と合併した
昭和18年(1943)の企業整備令により半田工場が閉鎖され 「カブトビール」の製造は終了した
img img
ハーフティンバー棟とトロッコの軌道
木骨レンガ造、平屋建てで、勾配の緩やかな切妻屋根をのせたこの棟は、ハーフテインバーという建築構造様式で
造られています。他の部分と異なり重厚な赤いレンガ壁と木骨の柱・梁、筋交いの軽快さが対照的です。
このハーフテインバー棟は、力ブトビールエ場時代、瓶詰め場、瓶置場、 瓶洗場などに使用されていました。
また、現在の木製デッキのレベルに運搬用プラツトホームがあり、ト口ッコの軌道が延びていました。
imgimg imgimg
生カブトビールが飲める「カフェ ブリック」
梁を支えていた鋳鉄製の柱頭
img img

imgimg
本町6丁目 昭和8年(1933)建築の合資会社同盟書林
imgimg
上半田住吉神社の祭礼は「ちんとろ祭り」と呼ばれ 始まりは寛政年間(1789〜1801)の頃といわれている
毎年4月の第2土・日曜日に行われ 神輿を警護する2両の山車の町内曳きもあるが
境内の宮池に2艘の「ちんとろ舟」を浮かべ 船上の舞台で子供三番叟の舞を奉納するのが特徴である
舞は力強い男の舞と繊細で優しい女の舞が披露されるが どちらも男子が舞う
「ちんとろ舟」は津島「天王祭」の「まきわら舟」を文化・文政の頃伝えたといわれている
宵宮には 舟の真柱に12ヵ月を表す12個の提灯と その回りに1年365日を表す提灯が半球形に飾られる
「ちんとろ」の由来は 船上の提灯が「珍灯籠」であることと お囃子が「チントロ・チントロ」と
聞こえるところからきているといわれる 当日は 宵祭りを時間の都合で見ることが出来なかった
img
國盛 酒の文化館 ペリー来航の弘化元年に創業した中埜酒造
img
半六庭園・旧中埜半六邸
中埜半六は ミツカングループの中核・中埜酢店の10代目当主で 明治22年(1889)に半田運河沿いの地に
建設した本宅跡には 約900坪の敷地に凡そ300坪の数寄屋建築と和式庭園が残されている
img
<上写真>萬三商店の蔵(閉業外観のみ) <下写真>ミツカンの蔵
img
黒壁蔵の並ぶ半田運河は幕末の安政年間に開削され 醸造業と海運で繁栄した当時の姿を今に伝える
img
明治末期の半田運河(掲示板の写真)
img
大正時代の半田運河(掲示板の写真・部分)
img img
MIZKAN MUSEUM(通称・MIM)とミツカン本社
ミツカンマークは 明治17年(1884)の商標条例の施行に伴い 4代目当主の中埜又左衛門(中野小吉)が
中野家の家紋である算木紋に丸環を加え「天下一円にあまねし」といういみを込めて考案された
マークの「三つ環」はそのままミツカン酢という商品名となり社名となった
img
小栗家住宅 萬三商店は中埜酢店と並ぶ豪商であった
img
全国で最も古いJR半田駅の跨線橋は 明治43年(1910)に架設された 
imgimg
鋳鉄製の柱には辛うじて「明四十三 鉄道院?」の文字が読める
img
レンガの建造物も当時のもの
imgimg img
JR半田駅の西側・南末広町にある個性的でモダンな建築にストーブの煙突が印象的な「内藤フルーツ」さん
平日限定の生クリーム使用のフルーツサンドイッチが美味しいらしいけど いつも発売から1時間で売り切れ
無論買うことは出来なかった <右下>中野家10代目当主の半六が別宅として建てた旧中埜家住宅は
明治時代末期の洋風建築で 昭和51年(1976)に国の重要文化財に指定された
内部にはカフェもあるらしいが 現在保存修復中で入館できず外観をも見ること叶わず
img
半田市観光協会ホームページから写真をお借りました http://www.handa-kankou.com
写真で見ると素敵な洋館です 機会があれば是非とも再訪したいと思います
<PREV・常滑散歩>  TOP  <NEXT・蒲郡伊勢志摩>
<関西中部の旅・INDEX>