2016.04.07-12 なばなの里と伊勢志摩 車中泊の旅

三重県桑名市の「なばなの里」にチューリップを見に行く目的で 天気を見計らい出発
車中泊の旅なので その辺りは臨機応変に フェリーのネット予約はぎりぎりでも可能
「なばなの里」から県境を越えて名古屋に入り 知多半島の常滑と半田の町を散策後 蒲郡から伊良湖へ
伊勢湾をフェリーで渡って伊勢神宮へ詣で 少し伊勢本街道を通り 奈良から山陽国道を経
姫路で旧友との再会も果たして九州の自宅まで帰る 寄り道の多い5泊6日の旅である

1日目:自宅 13:00−新門司港 16:00−<阪九フェリー船中泊>
2日目:泉大津港 6:00−西名阪・東名阪国道−加太駅−関宿−亀山宿−なばなの里 16:10〜20:10−
尾張温泉東海センター−デンパーク安城(車中泊)
3日目:デンパーク安城−常滑陶磁器会館 9:30<常滑散歩>12:00−半田 12:50<半田町散歩>14:40−
蒲郡 15:50<20分滞在>−伊良湖岬 18:15 伊良湖クリスタルポルト(車中泊)
4日目:<伊良湖岬散歩>伊良湖岬 18:15<伊勢湾フェリー>鳥羽 9:05−二見浦 9:30〜9:50−
伊勢神宮・外宮 10:30<古市参宮街道散歩>内宮 13:30〜14:00−外宮−伊勢志摩スカイライン−
大王崎 17:10−英虞湾登茂山展望所 18:00−伊勢自動車道多気PA(車中泊)
5日目:多気PA−仁柿峠 9:00−道の駅美杉 9:20−<伊勢本街道>−奥津−桜井−田原本町−王寺−壱分IC−
姫路−道の駅みはら神明の里 20:30(車中泊)
6日目:みはら神明の里 6:00−下関ゆめタウン 12:50−自宅 16:30

2016.04.09 常滑やきもの散歩道

平安時代末期より栄えた古窯で 大型の甕や壺の主要生産地として栄えた 中世の常滑焼の窯跡は 千基以上が
発掘されており 推定数は三千基に及ぶとされるが未だその実数は不明である これは知多半島の地質と地層が
大型陶器の焼成に都合の良い「穴窯」にとり 築造しやすく崩壊しにくい性質を持っていたことによるものである
また伊勢湾に面して海運にも便利良く 遠く奥州にまで運ばれたことが知られており 鎌倉期以降は全国的に
販路がひろまっている 江戸時代後期には茶器や酒器などの小物も焼かれたが やはり甕・壺・蛸壺・火消し壺
竃・火鉢などが主要生産品であった 近世江戸末期には土樋と呼ばれる土管が登場する
明治になると 政府の近代化政策による土木工事に多用された近代土管の 規格化及び大量生産方法が確立され
また 近代建築に採用されるテラコッタやスクラッチタイルなどの 建築陶器の生産も始まり活況を呈する
それらを生産する連房式登窯は 明治後期には倒焔式石炭窯となり レンガ煙突から吐出される煙は
常滑繁栄のシンボルとなった 昭和40年代中頃からは重油窯となり 後にガス窯や電気釜が普及し
量産品はトンネル窯を使用するようになって 町中の煙突からは煙が出なくなった
高度成長期以降は 保存容器としての甕や壺の需要が激減し 塩ビ管の登場によって土管の生産も終焉した
imgimg imgimg imgimg imgimg imgimg imgimg imgimg imgimg img imgimg img imgimg
土管の焼却炉?
食べ歩き客用「だんご茶屋」の串入れ
img
土管坂 土管と焼酎醸造瓶の法面 土管片の舗装路 工事には出荷できなかった不良品を流用している
imgimg
常滑の猫バス
IWCAT 1988 Frank Storm作
img
IWCAT(とこなめ国際やきものホームステイ)
1985年から2011年までの27年間、夏に世界の陶芸家を常滑に招いて、約40日間一般家庭にホームステイ
しながら作陶するという市民活動でした。27回の参加者合計は 42カ国 383名です。
imgimg
焼成窯のレンガを流用した塀
登窯広場の水琴窟
img
登窯広場
imgimg
土管の長イス
今では土管も輸入品
imgimg img
昭和49年(1974)まで使われた10本煙突の登窯 昭和57年(1982)国の重要有形文化財に指定された
img imgimg
第一室の石炭焚き口 第二室以降は薪を使用した
搬入搬出口 焼成に11日程度かかった
img imgimg imgimg imgimg
パン工房風舎
窯ヤ やはり物は大きい
img imgimg imgimg
柳井戸の坂
大正10年10月架橋 いちき橋
<PREV・なばなの里へ>  TOP  <NEXT・半田散歩>
<関西中部の旅・INDEX>