2013.12.06  和泉市池上曽根史跡公園

大阪へ帰る度に いつも素通りしていた池上曽根遺跡に 散歩を兼ねて行ってきました
史跡公園は 大阪府和泉市池上町4丁目にある
大阪府和泉市池上町から泉大津市曽根町にかけて広がる池上曽根遺跡は、南北1.5km、東西0.6km、
総面積60万uと全国屈指の規模をもつ弥生時代の集落跡です。集落の周囲が大きな溝で囲まれていたことから、
環濠集落と呼ばれています。弥生時代前期から後期(紀元前3世紀〜紀元後3世紀)にわたっで営まれ、
中期(2200年〜2000年前)にもっとも栄えました。遺跡は地元、池上町の南繁則氏(1888年〜1969年)によって
明治36(1903)年ころに発見されました。その後、第2阪和国道(国道26号)建設の事前の発掘調査によって
重要な遺跡であることがわかり、地道な保存運動をへて、昭和51年(1976)、集落の中心部分11.5haが
国史跡に指定されました。平成2(1990)年には史跡整備計画が立てられ、平成7年(1995)から
文化庁補助事業の地方拠点史跡等総合整備事業(歴史ロマン再生事業)により本格的な公園整備が行なわれました。
平成13年(2001)、指定地全体の約1/3にあたる3.5haが史跡公園としてオープンしました。
 園内には弥生時代最大級の建物である「いずみの高殿」、クスノキの大木をくりぬいた「やよいの大井戸」をはじめ、
環濠や竪穴住居が復元され、都市的とも言われる池上曽根遺跡の姿が再現されています。
imgimg
第二阪和国道横の入り口
環濠は浅く ゴミ捨て場だったらしい
img
imgimg
葦舟
竪穴式住居 暗いが茅葺きで断熱良好
img
imgimg
掘立柱寄せ棟住居
imgimg
img
掲示案内
<上>掘立柱切妻屋根 <下>土屋根の小竪穴
imgimg
弥生の大井戸 直径2.3mの楠を井筒にした日本最大のくりぬき井戸 東大阪市から寄贈された楠で井筒を復元

80畳敷きの広さを持つ 高床式建物「いずみの高殿」
img
img
img
TOP  <関西中部・INDEX>