2015.08.14  広島県安芸太田町・三段峡

広島市内を流れ広島湾へと注ぐ一級河川太田川上流の 支流柴木川にある長さ約16kmの峡谷
一帯の地層は石英斑岩から成り 長年の浸食によって節理が刻まれ断層が露出する
標高差は400mあり 落差30mの三段滝をはじめ 猿飛の滝・二段滝・三ツ滝・龍門の滝と黒淵・猿飛の
五つの滝と二つの淵が七景として知られている その他 長淵・大淵といった滝壺の跡や耶源・王城など
多くの景勝地がある これらの景観を散策できる遊歩道は 大正14年(1925)の名勝指定時に設けられた
昭和32年(1957)最上流部の樽床ダム建設後は水量が減少し また一帯の山林の荒廃により河床が上昇し
以前ほど自然景観の迫力が弱くなったと言われており その上まだ 一帯にある国有林の多くが
伐採の対象となっており 伐採後の環境悪化が懸念されている
近年まで新緑・森林浴・紅葉などの目的で多くの観光客が訪れていたが
レジャーの多様化と最寄りの鉄道と駅が廃止となった影響で観光客の減少が続いている
imgimg
imgimg
姉妹滝
竜の口
img
imgimg
img
imgimg
赤滝
紅藻類のタンスイベニマダラによって岩盤が赤くなる 渓谷内では他にも赤い岩をよく見かける
img
img
img
img
img
img

黒淵
img
img
img
img
img
imgimg
耶源(やげん)
img
水梨口 ここまで5.7km

猿飛と二段滝
imgimg
img
img
imgimg
再び耶源に戻り往路を帰る
img
img
imgimg
imgimg
imgimg
<中国の旅・INDEX>  TOP