2015.07.27  島根県大田市三瓶町多根・三瓶小豆原埋没林公園

前日の宿は「さんべ荘」 中高年向きの食事プランと温泉にひかれて 洋室ツインに投宿するが
ベッドのスプリングが背中に当たり痛い思いをする 宿は近くの「さひめ野」の方が良いかも知れない
翌日の朝 三瓶はあいにくの雨 宿を出て行くところも無し 少しドライブを楽しむ
imgimg
「定めの松」と雨で霞む「三瓶山」
浮布池にも寄るが雨 花は北の原駐車場にて

早々に「三瓶小豆原埋没林公園」へ 開館と同時に入館する
森はかつて、夢を見た。
SANBE AZUKIHARA BURIED FOREST
<一枚の写真から>
昭和58年(1983)水田の圃場整備工事の際 地中に直立する巨木が出現した 掘っても掘っても地中深く続く幹
現場では「不思議なこともある物だ」と話には上るが 巨木が地中に立つ理由を知る由も無く
工事の完了とともに何時しか忘れ去られていた
img img
<巨木を探す>
平成2年(1990)偶然に 地元で火山研究をすすめる松井整司氏が 工事中に撮影された地中から立ち上がる
巨木の写真を目にしたことから 物語は動き始める
「これは三瓶火山の歴史を語る貴重な存在に違いない」と 土砂から突き出た巨木の価値を直感し
独自に調査を開始 巨木はなかなか全形を現さなかったが 火山灰に埋没していることが解明されていった
<太古の森が目覚めた>
「巨木を掘り出して三瓶自然館で展示しよう。」 松井氏の調査により 三瓶火山と巨木の関わりが
解明されたことで 本格的な発掘調査が行われることになり 平成10年(1998)の秋
ついに水田の下から1本の巨木が現れた 周囲を掘り広げると次々に巨木が現れ
地下に森が存在することが判明したのである
世界でも例を見ない巨大な地底の森は「三瓶小豆原埋没林」と命名された
<森の記憶を呼び覚ます>
 巨木の掘り出しと同時に詳しい調査が行われた 放射性炭素を使った年代測定では
森が4000年前に埋もれたことを示し これは三瓶火山の最後の噴火と一致し
地層からは様々な情報を読みとることができた 小豆原の谷に土石流が流れ込み 木々は倒されず耐えたこと
その後で火砕流の直撃も受けたことなどが明らかになったのです
木々の根元には落ち葉の層が残り そこからは森にすんでいた昆虫の羽などがたくさん見つかった
樹種は大半がスギで トチノキ・ケヤキ・カシの仲間などが混じる森であったことが判明した
<鬱蒼たる原始の森>
 根元まであらわになった巨木の迫力は予想を超えるものであった 大きなものは根回り約10mに達し
生きていた時の推定樹高は約50m 何百年もの時をかけて木々はゆっくりと成長し
深く鬱蒼とした森を作ったのである
 三瓶小豆原埋没林公園では 地底の森を発掘したままの状態で展示している
それは縄文の夕イムカプセル 地下への階段を下りると太古の巨大地底林が眼前に迫る
4000年前の自然が育み 火山が閉じこめた奇跡の森
耳を澄ますと 太古の自然の鼓動が聞こえてきませんか?
<一部編集更正>

縄文の森発掘保存展示場
img
img
ケヤキ
imgimg
img
スギ
img
img
imgimg
imgimg
ムクロジ
スギ
imgimg
img
img

根株展示棟
img
imgimg
imgimg
鮮やかに残る年輪
屋外の根株展示

古代ハス
img
imgimg
<中国の旅・INDEX>  TOP