2013.12.09  八浜散歩

現在八浜のある児島半島は 戦国時代まで吉備の穴海と呼ばれた児島水道に隔てられた島であった 室町時代には
 には集落形成が始まったとされる 吉備の穴海は 奈良時代から干拓が始まり中世以降は干拓規模も肥大して
江戸初期には岡山藩による干拓で 児島は陸続きとなって半島となり児島湖ができた 児島湖の最奥となった八浜は
倉敷川の舟運によって内陸部の物資があつまる外港として発展し 岡山藩水運の要となって繁栄した
また 児島湾内における漁業権の八割近くを独占し、大舟主のもとで組織的な漁業が行われ富を蓄積した
明治以降は貝の養殖産業が富を生み出し 町中を流れる元川の水運を活かして 酒や醤油の醸造業をはじめとした
数々の地場産業が勃興し現在の町並みが形成された しかし船舶の大型化により 水深の浅い八浜は敬遠され
新たに明治42年(1909)に宇野港が 四国高松への航路を目的に 江戸期を通じ岡山の瀬戸内港として繁栄していた
児島湖の八浜に代わりに開設されたことで 急速に衰退することとなる
岡山から八浜に至る街道は 「八浜街道」と呼ばれ そのルートは 凡そJR宇野線より陸地側に沿っている
玉野市槌ヶ原の鴨川に架かる秀天橋は 江戸期に架橋された石橋で 岡山県重要文化財に指定されている
imgimg
玉野市槌ヶ原の鴨川に架かる秀天橋
左下津井下村 右ゆか道(由加道)
img
imgimg
橋の袂から八浜街道
八浜街道
imgimg
旭川運河の汐留水門
両児山公園・八浜城址に至る八幡快神社鳥居
img
img
八浜の旧湊
imgimg
櫻屋幸吉橋
鳥人・櫻屋幸吉

鳥人・櫻屋幸吉のこと
浮田幸吉 宝暦7年(1757)八浜生まれ 7歳で父を亡くし岡山の紙屋に奉公に出て表具を習い表具師となる
空を飛ぶ鳥に引かれ 空を飛ぶ研究に没頭し 「鳥の羽と胴の重さを比較計測しその割合を 人間の体に当てはめる
ことで浮遊することが可能」と結論を導きだし 表具師の技術でもって 竹の骨組みに紙と布を張り柿渋を塗って
強度を増した翼を製作した 試作錯誤を繰り返し 遂に天明5年(1785)旧暦の6月 旭川に架かる京橋の欄干から
飛行を試みた 町民の目撃によって騒ぎとなり 罪を問われ岡山所払いとなって追放された その試験飛行は即座に
墜落 また数間の距離を滑空したとも伝わり定かでは無い その後は駿河国駿府に移り住み 「備前屋幸吉」の店名で
郷里児島の木綿を扱う店を開き 商売が軌道に乗ったところで隠居して 「備考斎」と名乗り時計の修理や 優れた
義歯を製作する技術師と評判になるが 空を飛ぶ夢が捨てきれず 再び阿部川の河原で空を飛んだといわれる
この為 幕府にとがめられて再度追放され 遠江国見付に移り住み「備前屋」という飯屋を開き妻子を得て平穏な
余生を送り 弘化4年(1847)91歳の長寿を全うし死去したと伝えられている 幸吉の八浜での飛行が事実とすれば
1849年の英国人ジョージ・ケイリー製作の 三葉グライダーによる有人滑空よりも 尚64年早いグライダーによる
滑空となる また形式的に 没後150年の平成9年 旧岡山藩主池田家当主より 幸吉の岡山所払いが解かれている
Link: 浮田幸吉の考案したグライダー
八浜の町並み
img
img
img
img
img
img
TOP  <中国の旅・INDEX>