2013.12.09  吉備路散歩

吉備の国
吉備は弥生時代から塩の生産地であり 古墳時代には畿内・出雲国と並ぶ強大な連合国家となっていた 同時代
岡山平野南部は内海となっており 4世紀頃からこの沿岸部に多くの前方後円墳が造築された また弥生時代後期の
2世紀初〜3世紀中頃に作られ 首長埋葬の祭祀に使われていた朱塗りの大形筒形土器は 後に埴輪となり列島各地に
広まったとされている 5世紀後半には畿内ヤマト王権に征服され 6世紀後半には鉄生産が吉備地方で開始された
吉備地方は製鉄及び鋳鉄錬鉄技術に優れており 現在に至るまで鋳物・刀剣の生産地として有名である
6世紀中期より 横穴式の巨大石室を持つ円墳が多く造られたことは この地方に大豪族による連合体があったと
される説を裏付けている 後に吉備朝臣を名乗る一族も現れ 奈良時代には政治家・吉備真備を輩出している
7世紀後半の持統天皇3年(689)備前・備中・備後の三国に分割され 和銅6年(713)には備前国から美作国を
分離し この分割統治は 室町時代以降備後国が安芸に組み込まれるなど 現在までも少なからず影響している

吉備津彦神社
備前国一宮 主祭神の大吉備津彦命 (おおきびつひこのみこと)は桃太郎のモデルとなっている
岡山市西部の備前・備中の境に立つ吉備の中山(標高175m)の北東麓に東面して鎮座する
吉備の中山は神奈備として信仰され 北西麓には同じ大吉備津彦命を祭神とする 備中国一宮・吉備津神社がある
img
神奈備の吉備中山を背後にして吉備津彦神社がある
imgimgimg
備前焼の狛犬
安政の大灯籠
imgimg
拝殿・渡殿・本殿
拝殿と渡殿の間にある通路の拝所 ここが神に近い
imgimg
神職専用地下通路
築地塀跡
img
山陽道(西国街道)に至る参道

吉備津神社
嘗ての吉備国総鎮守 吉備国が備前・備中・備後三国へ分割後 備前一宮・吉備津彦神社 備後一宮・吉備津神社に
分霊され 総鎮守は備中一宮となった 主祭神は大吉備津彦命 (おおきびつひこのみこと)
備前・備中の境に立ち 神奈備として信仰される吉備の中山(標高175m)の北西麓に北面して鎮座する
imgimg
山陽道(西国街道)から伸びる参道
食事処桃太郎のある駐車場
imgimg
北随神門
授与所門
imgimg
本殿・拝殿
神宮寺・普賢院と神苑池
img
神殿背後の 御釜殿・えびす宮・祖霊社・三社宮・御供殿・本宮社を結ぶ長い回廊

備中国分寺の辺り
備中国分寺は 聖武天皇が天平13年(741)国家鎮護のため各国に建てた官寺のひとつである
創建当時は 東西160m 南北178mと推定され 出土した土器などから中世初期まで存続したと推定される
現国分寺は16世紀末の天正年間に再興され 後に廃寺となっていた寺を 江戸時代の18世紀初頭に再建したもので
真言宗御室派 山号は日照山 本尊は薬師如来となっている 創建当初の国分寺跡は現在の国分寺境内と重複し
南門・中門以外の建物の位置は明確ではないが 創建当時の礎石は数多く残されている
なお国府は賀陽郡だが 国分寺は窪屋郡に位置する

重要文化財の五重塔は高さ34.32mで 奈良時代の七重塔(高さ50m・塔跡より推定)が 南北朝時代に焼失し 後の
文政4年(1821)位置を変え再建 弘化元年(1844)頃に完成した江戸後期の様式を色濃く残す建築物である
imgimg
境界石柱と塀
現国分寺山門
img
重要文化財の五重塔
imgimg
江戸時代の表書院
広い境内は全て国の史跡
img
国分寺 東側

国分尼寺跡
備中国分寺の東約600mのアカマツ林のなだらかな丘陵にあり 天平13年(741)聖武天皇の勅命により 国分寺と
共に建てられた 当時の境内は 今も残る築地土塀から東西108m 南北216mと推定され 境内の南北中心線上に
南門・中門・金堂・講堂が建ち並んでいた 金堂は礎石から桁行21m 梁間13.2mの広壮な建物と推定される
遺跡内には 古民家を移設保存している一画がある
img
赤松林の中にある礎石群
imgimg
旧山陽道茶屋 旧松井家住宅 旧所在地:岡山市東区沼
旧山手村役場
img
旧山手村役場 元は風早雲嶂邸 旧所在地:都窪郡山手村大字地頭字片山
imgimg
散策道
史跡 松井
imgimg
上林の里
大師堂

2014.02.12  総社宮の辺り
古代において 国司は各国の神社を一宮から順次巡拝していたが 効率化を図るため 国府近くに国内の神社を
合祀した施設として総社宮を設けた この備前国総社の南方約1kmの地に備前国庁跡が発見されている
明治維新後の格式は郷社となる 主祭神は大己貴命 (おおなむちのみこと)の他
総社格として 「備前国神名帳」に記載される 備前国内128社を合祀する
imgimg
表参道
境内に幼稚園がある
imgimg
神門と回廊
拝殿
imgimg
総社市まちかど郷土館 旧総社警察署
明治43年竣工
img
imgimg
2階ロビー
階段
img
img
塩屋跡
imgimg
旧松山往来
深見升平商店(プロパンガス)
imgimg
西まつやま やかけ道 北あしもり つやま道
旧松山往来
imgimg
倉敷−津山道 倉敷側を撮影
足守駅近くで旧津山街道と合流する道
岡山−松山道 旧松山往来 岡山側を撮影
山陽道の板倉宿で分岐して備中松山城下へ至る道
総社で山陽道矢掛宿への道と再び分かれる
TOP  <中国の旅・INDEX>