2013.10.14−15 山口県西部車中泊の旅 No.4 宇部市・ときわ公園 UBEビエンナーレ

前夜は道の駅・蛍街道西ノ市で車中泊 翌日は山陽道の船木宿を訪ねる予定だったが
思いのほか早く到着したので 宇部市の常磐公園へ先に行くことにした
常磐公園の中心を成す常盤池は 長州藩が元禄8年(1695)から3年の歳月をかけ完成した灌漑用の池である
大正13年(1924)から渡辺祐策らが常盤池周辺の土地購入活動を始め 翌年購入した土地を宇部市に寄贈し
市によって常盤公園が開設された 現在189.4haの土地に 動物園・植物園・文化ホール・遊園地・レストハウス
石炭記念館などがある 石炭記念館の展望台からはときわ公園が一望出来るが 残念ながら休館日であった
img
国土地理院 空中写真
img
img
img
img
img
img
白鳥大橋
常磐神社
祭神 罔象女神 速秋津彦神 速秋津姫神 大歳神 龍田大明神 丹生大明神
元禄8年常盤湖築堤に当り 領主福原氏家老椋梨俊平が 土工成就祈願のため本土手の上に 罔象女神を勧請し
末留大明神と呼んだのが始まり 築堤工事が完成した後 守護神として宝永元年九月 堤の辺に社殿を建立して
移し祀り末富神社と称し崇敬した その後 末富神社が草江に移され 新たに常盤湖の守護神として
龍田大明神・丹生大明神が勧請され新宮と呼んだ 江戸時代に梶返の新堤に移され さらに常盤湖の小島に
祀られ新宮社と称されたた 昭和43年に 草江の大歳神社を常盤湖の北の旧社地に遷座し
新宮社も社殿を改築し 大歳神社も合わせて常盤神社と総称する
img
img
img

img
UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)
昭和36年から ときわ公園を舞台に 2年に一度開催される日本最大級の現代彫刻展
ときわ公園をはじめとする市内各所に これまでの入賞作品約100点が常設展示されている
img
img
Sin  外礒 秀紹
img
深夜バス  中出 武彦
img
石の華  藤本 イサム
img
Collection  鎌田 祥平
img
Our Love  冨長 敦也
img
月に向かって進め  井田 勝己
img
img
REDEFINED SPACE  Phyllis Baker Hammond
img
Ephemeral depth  御幸朋寿・永田康祐・砂山太一
img
雲行きが怪しく雨が降り出した まだ朝の9時前 船木宿に移動する
<PREV・千畳敷>  TOP  <NEXT・下関散歩>