2013.08.13−17 山口県東部車中泊の旅 No.6 周防大島町(屋代島)

img案内パンフには「のんたおーしま・金魚島」と大きく印刷している のんたとは
山口の方言で周防地方では 「・・・だねー」という風に使うらしい
語頭に用いる場合は 親しみを込めるために使うのだと思う
さて金魚島だが 形が金魚に似ているらしい 公式サイト:www.suouoshima.com/
imgimg
img
東瀬戸PAから大島大橋の歩道を散歩
長さ:1020m 幅:9m 海面からの高さ:31.9m
昭和51年(1976)有料道路として開通
平成8年(1996)より無料となった
img
国道188号線・山陽本線と大畠瀬戸 午前6時
img
img
出漁 大畠瀬戸は好漁場 遠くまで出漁の必要は無い
時間は午前6時20分
img
img
久賀漁港
imgimg
嵩山(だけさん)618.5m 展望台兼パラグライダー施設
パラグライダー滑空場 TAKE OFF
imgimg
北部 久賀方向
南部 平群島方向
imgimg
周防大島オレンジロード
日前(ひくま)と飛瀬島
img
オレンジロードから南へ 小泊(小泊)の浜 右から禿島・四ツ子島・笹島
imgimg
四ツ子島
山口県道60号橘東和線
img
大鼻岬と別荘地
img
油宇漁港と保木鼻

陸奥記念館
昭和18年(1943)6月8日 謎の大爆発を起こし沈没した船艦陸奥を記念して昭和47年(1972)11月に建設された
沈没地点は屋代島の沖<地図>で現在も艦体の一部が残されたままである 未だ爆発原因は不明で当初は
人為的な爆発である可能性が高いとされ スパイの破壊工作・乗員の自殺・放火説などが挙げられた
また過去には自然発火説も取り沙汰されたが 現在では否定的意見が多い また前年に投下された不発爆雷による
誤爆説もある 総乗員1474名のうち 救助さたのは353名で 死者及び行方不明者が1121名となる大惨事であった
昭和45年(1970)艦体の一部や菊の紋章・主砲身や主砲塔などが回収され 現在は陸奥記念館に収蔵されている
imgimg
imgimg
imgimg
imgimg

沖家室島(おきかむろじま)を目指し平野から県道60号線に入る
imgimg
国道437号線 森 前小島 中小島
県道60号 小積(おづみ) 
imgimg
小積厳島神社鳥居
沖家室島は周囲5kmで 人口約200人の高齢化率が日本一の小島 明治中頃以前は 瀬戸内海を帆船が行き来し
この島も賑わいを見せていた 江戸時代には萩藩の番所が置かれ 明治時代には人口が3000人に上り
遠洋漁業も盛んで 対馬・朝鮮・台湾・ハワイ諸島まで出漁 またハワイに移民を送るなど繁栄していた
imgimg
昭和58年(1983)完成 沖家室大橋(全長380m)
精霊舟
img
img
大橋に陣取るカモメ 車の通行にも動ぜず
img
鹿家(ししのいえ)立岩
imgimg
img
立岩ヶ浜を過ぎ 東安下庄(ひがしあげのしょう)から再びオレンジロードに入る
img
オレンジロード笹峠橋から西安下庄と安下庄湾を展望
imgimg
屋代ダムと屋代湖
ダムとちびっ子ゲレンデ
img
西屋代の日本ハワイ移民資料館 入館料:400円 しかし入館せず
周防大島一周はこれまで 次は対岸の大畠を散策
<PREV・岩国>
TOP
<NEXT・大畠>
<中国の旅・INDEX>